Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仏恥義理アイドル「C-Style」結成7周年 実力派へと成長 ファンへ「四露死苦!」

配信

ちばとぴ!ニュース

千葉県木更津発の仏恥義理(ぶっちぎり)アイドル「C-Style(シースタイル)」は2020年4月、結成7周年を迎えました。(ちばとぴ!編集部) 新型コロナの影響でインターネットで無観客配信となった「C-Style結成7周年記念GIG」が木更津市のライブハウスOSSAで4月18日に行われ、圧倒的なパフォーマンスで、インターネットの向こう側のファンを沸かせました。

◆仁王立ちし「四露死苦!」

メンバーは、総長の八剱咲羅(21)さんと潮干狩鯏(19)さん。 7周年を迎え、ちばとぴ!編集部のSNSからファンへ「千葉県をもっともっと盛り上げていくんで、四露死苦(よろしく)!」と動画でコメントを発信しました。 ロングスカートにセーラーカラー、ハチマキを結んで仁王立ちし「四露死苦!」と漢字を使った“ヤンキー語”を使う姿は迫力満点です。

◆「ヤンキーになれ」と言われ

デビューは2013年、神奈川県横浜市の横浜BLIZで開催されたイベントに出演しました。 当初からメンバーの八剱さんは、かわいいアイドルになるつもりでオーディションを受けたそうです。 しかしデビューする1週間前、社長から「ヤンキーになれ」と言われびっくりしたのだとか。 潮干狩さんは、地元の別のアイドルグループで活動していましたが、C-Style2期生の募集を受け、2014年にメンバーになりました。

◆ヤンキーって何?

そもそも1980年代を中心に現れたいわゆるヤンキー文化を知らない世代の2人。 「ヤンキーって何だろう?」と、雑誌を見たり、赤いリップをつけるなど研究を重ねました。 その甲斐あってか、ライブでは希望するファンに「ビンタ」までするほどヤンキーらしく成長しました。 今ではすっかり木更津のアイドルとして定着していますが、複数のアイドルが出演するイベントでは、怖がられて友達が全く出来ないというお悩みもあったのだとか。

◆活動は幅広く、世界も舞台!

そんなちょっとおっかない印象とは裏腹に、活動の幅は広く、実力派の2人。 2019年には全国の音楽アーティスト勝ち抜きイベント「Mudia(ミューディア)」のトラック・パフォーマンンス部門vol.2」で見事優勝しました。 「地元のみんなにいい報告ができた」と八剱さん。潮干狩さんは「アイドルという視点を覆せた」と自信をつけたようです。 新型コロナの影響で中止になったものの、若者向けのファッションショー「関西コレクション」の出場権を手にし、その実力を見せつけました。 またベトナムやモンゴル、台湾で開催のイベントに出演をしたり、2019年11月には木更津市との友好都市であるベトナムのダナン市へ表敬訪問もしています。 潮干狩さんは、海外のファンについて「反応が違う。日本の文化を求めてくれている」と感じたそう。今後の世界での活躍も大いに期待したいですね。

【関連記事】