Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イラク代表の戦術を読む

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

監督交代も影響は軽微 強固なイラク、左からの攻撃に要警戒

イラク代表の戦術を読む

イラク代表のメンバー【写真:Getty Images】

 2016年9月より始まるW杯アジア最終予選をより楽しく観戦するために、日本代表の対戦国を徹底分析。どこに注意して、どこを狙って戦うべきか。対戦国の戦力を丸裸にする。(文:河治良幸 2016年8月発売『アジアフットボール批評03』を転載)

本文:1,950文字

写真:2
  • 監督はラーディー・シュナイシェル。監督交代がありながらも、基本布陣は変わらず4-2-3-1となることが濃厚。攻撃は左サイドが起点になることが多い。特にアリ・アドナンの左足と彼を中心とした崩しには警戒しなくてはならない。

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込11
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

フットボールチャンネル編集部

フットボールチャンネルの有料記事

PayPay残高使えます