Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画「スパイの妻」蒼井 優、高橋一生の演技合戦の裏側を捉えたメイキング映像公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 日本を代表する映画監督・黒沢 清が主演に蒼井 優を迎え挑んだ映画「スパイの妻」が、10月16日(金)より東京・新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。公開に先駆け、メイキング映像と現場スチールが公開されています。  本作は、日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを持つ黒沢 清の最新作。6月6日にNHK BS8Kで放送したドラマをスクリーンサイズや色調を新たにした“劇場版”となっています。脚本を手掛けたのは、黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原 位(「ハッピーアワー」脚本)の3人。また、ペトロールズのリードヴォーカル&ギターであり、“浮雲”名義で東京事変のギタリストとしても活動している長岡亮介が、映画音楽を初めて手掛けています。主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井 優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じます。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。正義の遂行のために手段を選ばぬ純粋な優作を魅力的に体現しています。  今回公開されているメイキング映像のシーンは、蒼井演じる聡子と高橋演じる優作が、夫婦の絆を確かめ合う物語において重要な一場面。撮影の合間、和気あいあいと笑みを浮かべて語らう蒼井と高橋ですが、カメラが回りだすと空気は一変、迫真迫る演技合戦が繰り広げられます。それを真剣な眼差しで見守る黒沢 清監督。テストにも関わらず、蒼井の目からは涙が溢れ、まるで本番さながらの緊張感が伝わってきます。魂のぶつかり合う本シーンの全貌は、ぜひ本編でご確認ください。また、合わせて現場スチール6点も公開。黒沢監督が役者陣一人一人に真摯に演出する姿が捉えられています。

【関連記事】