Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

敗戦から渋野日向子はなにを見つけたのか。全英女子オープン2日目をプロがレポート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

渋野日向子が連覇を目指した「全英女子オープン(AIGオープン)」の2日目。寒く強風に雨も混じる難コンディションの中、渋野は無念の予選落ちとなった。敗戦の中から、渋野はなにを学んだのか。また他の日本勢はいかに戦ったのか。プロゴルファー・中村修がレポート。 渋野日向子のドライバー連続写真

全英女子2日目、グリーンは初日の8.1フィートに対して2日目は8.11フィートと同等のスピード。グリーンの硬さは雨のため少し柔らかくなっているという発表がありました。風は9メートルから14メートル、風向きは海からの方向に変わり、前半アウトコースは右からの風、後半は左からの風になります。気温は19度。ときおり冷たい雨が吹き付ける、初日に引き続き難コンディションでの2日目になりました。

渋野日向子はトータル12オーバー

2日目の渋野日向子選手は出だしから連続してパーを並べ、幸先よく3番でバーディを奪う上々の滑り出し。しかし、この難コンディションの状況では、わずかなほころびも見逃してはくれませんでした。5番でボギー、7番でダブルボギー、8番のパー3でもバンカーに入れてボギーとし、結局前半は3オーバーで折り返します。 後半は10番でボギーのあと、しばらく耐えていましたが、15番で3パットでボギー。その後も左からの強風に翻弄され17番、18番もボギーとし、後半は4オーバー、2日目は7オーバーで終えました。予選ラウンドの2日間はトータル12オーバー。9オーバーのカットラインに3打及ばず、105位タイで予選落ちとなりました。 2日間を振り返ってみると、ドライバーでのティショットは復調を感じられます。初日は14回使用のうち10回、2日目は11回のフェアウェイをキープしていました。しかし、多くの場合フェアウェイから打っていたにも関わらずパーオン率は50%と、アイアンショットが不調。会見では、自分でもコントロールできていないと話しました。 「ティショットがよくなってきていた分、なんでアイアンにつながらないのか、というのがあって。しっかり体を止めずに回すことができれば真っすぐ飛ぶのに。終わってからの練習ではすごくいい動きができるのですが、なかなか試合になると自分が思ってもいない動きをしてしまうので、自分でもコントロールできていない状態です」(渋野) 結果的には、先週のスコットランド女子オープンに続いて2戦続けて予選落ち。本人いわく「悔しすぎる」2週間になりました。 「楽しんでやろうと思っていましたが悔しい気持ちがすごいですね。この2週間で自分の足りないところを全部見つけたような気がした。いつまでも経験、経験とは言っていられないので、本当にいろんなものを見つけたなと思いました。たとえば、(グリーンの)外からパターを打つ概念がなかったが今週は挑戦し、新しい発見がありました。クッションを使うこともバリエーションが増えました。あとは足りないものばかりでした。悔しすぎるなと思いました」(渋野) 昨年までの渋野日向子選手は、ショットはドローボール一辺倒、アプローチはサンドウェッジのピッチエンドラン一本槍と数少ない武器を使って攻めるゴルフで活躍しました。 その後、オフの期間に2月の海外での試合に向けて体を強化し、仕上がりは上々でした。そこからコロナ禍によるツアーの中断を受け、来季の米ツアー参戦を目指し、前倒しして浮かせるアプローチなど、新たな技術の習得に努めていました。 増えた引き出しは試合の中で実践し、自分のモノにしていくことになりますが、試合が少ない中でまだつかみ切れていないというのが現状ではないでしょうか。しっかりとチームで取り組んでいるので心配ご無用です。この後、渋野選手は渡米し米ツアーに参加すると言いますが、その中で成長を見せてくれることと思います。

【関連記事】