Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

史上最強のパワフルモンスター、シャックが残した伝説的なキャリア【NBAレジェンド列伝・前編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

■弱冠13歳で大学からスカウトを受ける 「今の時代でプレーしたかった。平均60点はいっただろう」。  つい最近、シャキール・オニールはこのような発言で物議を醸した。「ゲームがソフトになっていて、ハードなファウルができない」のがその根拠らしいが、いくらなんでもこれは盛りすぎだった。その少し前には、史上最高の選手は誰かという「GOAT論争」に参戦。マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェームス、コビー・ブライアントを挙げ、自らの名前を出さなかったあたり、ついに謙虚さを身につけたのかと思いきや、俺様ぶりは全然変わっていなかったようだ。  しかし、良くも悪くもこれがオニールという人間なのだ。もし彼が精神的にも成熟していたなら、史上最高の選手にすらなれただろうし、その反面オールスターで毎度のように余興を演じて、ファンに親しまれるような存在にはならなかっただろう。 “シャキール”とはイスラム教では小さな戦士という意味があると言う。その名前とは正反対に、オニールは子供の頃からとてつもなく巨大で、13歳の頃には身長が2mまで伸びていた。    育ての父が軍人だったため、当時はドイツに住んでおり、そこでバスケットボールのキャンプに参加した。指導を行なっていたルイジアナ州立大(LSU)のコーチは、オニールが本職の陸軍兵士だと思い込み、まだ13歳だと聞いて驚愕。5年後はぜひLSUに来るように勧誘した。  高校時代はサンアントニオで過ごし、所属チームを68勝1敗の好成績に導くと、かねてからの約束通りLSUに進学し、2年連続でオールアメリカンに選出された。単に巨体であるだけでなく、動きが意外なほど素早いオニールは、大学生では止めようがなかった。いや、それを言うならプロでも彼を止められる者はいなかったけれども……。  92年の時点ですでに大学最高の選手と見なされ、同年のバルセロナ五輪ドリームチームの大学生枠候補にも挙がっていた。オニールをさしおいてデューク大のクリスチャン・レイトナーがメンバー入りしたのは、デュークという名門校の威光と、レイトナーが白人であったからだと信じている人も多い。  

【関連記事】