Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小宮有紗初主演映画『13月の女の子』予告編公開 声優の中島由貴も特別出演で登場

配信

リアルサウンド

 8月15日より公開となる小宮有紗初主演映画『13月の女の子』の予告編が公開され、中島由貴や津田寛治の出演も発表された。 【写真】特別出演する声優の中島由貴  本作は、2017年と2019年に公演され好評を博した同名舞台を原案に、舞台版でも脚本を担当した角畑良幸(フロアトポロジー)が脚本、映画『名前』『ねこにみかん』の戸田彬弘が監督・編集を務めた青春映画。  アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』黒澤ダイヤ役や、Aqoursとしての活躍で注目を集める小宮が、親友を失い戸惑う女子高生・穴森一穂役で主演を務める。さらに、TEAM SHACHIの秋本帆華が、病気がちな主人公の親友・唐木田巫女役、映画『お嬢ちゃん』『転がるビー玉』の萩原みのりが、物語のキーを握るミステリアスな浮間莉音役をそれぞれ演じる。  新たな共演者として、主人公・穴森一穂たちが通う高校の保健医・三ノ輪由梨役の今野杏南、一穂たちの担任の先生・井上努役の津田寛治の出演が発表に、さらに、一穂の妹・穴森七海役で、『バンドリ!』の今井リサ役などを務め注目を集めている声優の中島由貴が特別出演する。  公開された予告編は、小宮演じる主人公・穴森一穂が、担任の井上(津田寛治)から親友の唐木田巫女(秋本帆華)が亡くなったと告げられるシーンから始まり、親友との別れを描いた青春映画の雰囲気から突如一変する。  また、本作の前売り券が、7月18日より池袋シネマ・ロサにて発売される。劇場窓口で購入した人には特製ポストカード(全5種類)が1枚プレゼントされる。

リアルサウンド編集部

【関連記事】