Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

遊園地・テーマパーク経営企業の実態調査(2019年決算) 2019年も収入高合計、増加基調で推移

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
帝国データバンク

はじめに

 2020年、令和2年目の夏は新型コロナウイルスの影響により、遊園地・テーマパークを運営する企業にとって厳しい年となる。これまで収入高合計は増加基調で推移してきたものの、休園、営業時間短縮などから、一転して減収となることが見込まれる。  2019年の訪日外客数は約3188万2100人で過去最多を更新(日本政府観光局〈JNTO〉)。2018年度の遊園地・テーマパークの入場者数は約7946万人と前年比微増にとどまったが、増加基調にあり(経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」)、令和最初の行楽シーズンは好調であった。  帝国データバンクは、2020年6月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社収録)および公開情報から、遊園地・テーマパーク経営企業のうち2017年~2019年(1月期~12月期決算)の3期連続で収入高が判明した189社を抽出して分析した。前回調査は2019年7月。

1.収入高合計、8.5%の増加

 2019年の189社の収入高合計は9711億6000万円で、前年比8.5%の増加となった。各社の収入高の増減を見ると、2019年に増収となった企業は189社中59社(構成比31.2%)で、前年から1.6ポイントの減少となった。一方で減収となった企業は89社(同47.1%)で、減収企業数が増収企業数を上回った。

2.黒字企業増加、赤字企業減少

 189社のうち2018年、2019年の2期連続で損益が判明した114社をみると、2019年の黒字企業は91社(構成比79.8%)で、前年から5社増加した。また、このうち2期連続の黒字企業は78社(同68.4%)となった。  他方、赤字企業は23社(同20.2%)。うち、2期連続で赤字となった企業は15社(同13.2%)となった。

3.大手と中小の規模間格差が拡大

 収入高規模別にみると、2019年の「1億~10億円未満」と「1億円未満」の合計は189社中117社で全体の61.9%を占めた。また、「1億~10億円未満」は減収企業が46社と減収企業全体(89社)の51.7%を占めた。 前年比でみると、「500億円以上」の大手企業3社が増収した一方、50億円未満の企業で減収企業が増えていることをみると大手と中小事業者で格差が拡大している。  増収率トップは(株)ムーミン物語(埼玉県、ムーミンバレーパーク)。