Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロの演奏家62人が自宅から“合奏”!あるオーケストラの「遠隔パプリカ」が最高

配信

BuzzFeed Japan

プロの音楽家たちがそれぞれの自宅から“合奏”! 新日本フィルハーモニー交響楽団が公開した「遠隔パプリカ」の動画が話題を呼んでいます。 新型コロナ感染拡大 世界各地の医師が「写真」を撮り訴えたこと 参加したのはなんと総勢62人。オーケストラのほとんどのパートが揃っています! ちびっこが映っていたり、お店の中だったり、それぞれの画面から垣間見える個性と生活感もおもしろい。好きな楽器に注目して見ることもできます。5分半、飽きずにたっぷり楽しい! 新型コロナウイスの影響で、演奏会が次々に中止になっているクラシック音楽界。 社会的にリモートワークの機運も高まるなか、「オーケストラも何かできないか?」と発足した「テレワーク部」の活動がこの遠隔演奏です。 最初は4人でスタートし、日を追うごとに参加者が増加。あくまで有志参加ですが、最終日にはオケ全体の7割のメンバーが手を挙げました。 BuzzFeed Newsは、テレワーク部の発起人であり動画の編集も担った「中の人」、副首席トロンボーンの山口尚人さんにお話を聞きました。

「一回試してみるか!」勢いでスタート

ーー「テレワークパプリカ」をやろうと思ったきっかけは? 現在、新型コロナウイスの影響で私たちのオーケストラは全面的に活動を停止しています。 オーケストラによっては、無観客ライブ配信などの手段で演奏を続けていますが、私たちは本拠地のホールも閉鎖されていて集まることもできない状況です。 新たな感染者を出さないためにも楽員はそのことを受け入れざるを得ないなか、この状況でも何か私たちメンバーでも演奏できないか考えている時に、政府が「テレワーク」を推進しているニュースを観ました。 オーケストラという特殊な職業ゆえにテレワークには最も向いていないのですが……「ま、一回試してみるか!」という完全な私の思いつきではじめました!

それぞれの“自撮り”を重ねて

ーーこれだけの人数の皆さんで、どうやって“合奏”していらっしゃるんですか? Web会議のように同じタイミングで演奏しているわけではなくて、各自の自宅や好きな場所で自分のパートの演奏動画を自撮りしてもらい、僕がそれを集め、1本の動画に編集しています。 未経験のチャレンジですし、参加者も「どうなるんだろう」と思っていたようですが、自撮りでいい演奏をしさえすれば、私がなんとか合成してくれるという安心感からか、チャレンジしてくれる人が増えたようです。 皆さんには、パプリカの原曲をイヤホンで聴きながら、それに合わせて演奏してもらっています。音程やリズム、テンポなどはもちろん本物のパプリカにタイミングを合わせてほしいとお願いしましたが、それでもやっぱりずれますね。 「いつものオケやっている時のアンサンブル力と感性で対応して!」とかなり無理な要求をしていました(笑)。 ーー演奏するみなさんにとっても動画を見るまで全貌がわからないんですね! パプリカという選曲も素敵です。 比較的合わせやすいビートが安定している、子供からお年寄りまで幅広い層に聴いてもらえる、そして何より、閉塞感の漂う現状を少し忘れて明るくなれる曲として選びました。 実はこの2月のファミリーコンサートで演奏したばかりで、私がオーケストラ版の楽譜をアレンジしていたんです。 とはいえ、一人で自撮りで演奏しながら、誰かとアンサンブルすることを想定するのはプロでも難しかったと思います。

【関連記事】