Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビッグダディ 結婚時代、妻から「バッカじゃないの」…あきれられた理由

配信

デイリースポーツ

 ビッグダディこと林下清志が12日に更新したブログで、結婚生活をおくっているときに妻から「バッカじゃないの」とあきれられたことを明かした。どの妻かは明記していない。  ダディは、ある年配の経営者と会話をしていたことを振り返り、この人物が「子供の笑顔って、元気をくれるよね」と何度も繰り返したことを記した。ダディは「繰り返されれば繰り返されるほど、自分の胸に響かなくなってくるのを感じました。それは…言葉に出すまでもない、至極当たり前のことだからです」との考えをつづった。  ダディは「自分という人間がひねくれているからだとの認識もありますが、初対面の方とスッポンポンで向かい合っているような気まずさも感じるのです」と居心地が悪くなることを記した。  続けてダディは「結婚生活中、嫁に『私のこと、愛してる?』」と聞かれたことを明かした。ダディは「俺はその“愛してる”の意味がわからないんだよ、“愛”に“している”という動詞をつけるってぎこちなくね?日本人に感性には無くないかそれ?」と返したという。さらにダディは「じゃあ、こうしよう!お前が“愛してる?”と聞いたら俺は躊躇わず“うん、愛してるよ”と応えるということに決めよう」と提案した。当時の妻からは「バッカじゃないの」とあきられたという。  現在交際している女性には「比較的しっかり愛情表現はしてる」そうで、その理由は「それはきっと今の関係が“当たり前”ではないと感じているからだと思います」と記した。

【関連記事】