Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【バレーボール】新鍋理沙の引退に中田久美監督「抜けた後を考えるのが課題」“子育て両立”荒木絵里香の現役続行には感謝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 バレーボール女子日本代表の中田久美監督(54)が31日、オンラインで会見し、ロンドン五輪銅メダリストのウイングスパイカー新鍋理沙(30)が6月に引退を発表したことについて、「非常に残念」と心境を明かした。  卓越した守備力を持つ新鍋が欠けたことは、大きな打撃だ。6月に新鍋から引退報告を聞いたという中田監督は、「新鍋の性格を知るだけに尊重すべきという思いもある。私たちが足を止めてはいけない。新鍋の抜けた後を考えるのが今後のバレー界の課題」と攻守に優れたオールラウンダーの育成を目標に挙げた。  育児をしながら五輪を目指す主将の荒木絵里香(35)には、東京五輪1年延期が決まった直後に連絡を取って気持ちを確認したという。「大きな覚悟を持ってまた挑戦することを決めてくれた。子育てをしながらコンディションを整えてくれたのは、さすがだなと思います」と信頼を寄せた。

【関連記事】