Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鈴木敏夫が邦画黄金期を語る「新・映画道楽」文庫化、樹木希林編を追加収録

配信

映画ナタリー

スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫の著書「新・映画道楽 ちょい町哀歌(エレジー)」が本日6月12日に発売された。 鈴木がキネマ旬報で連載していた「新・映画道楽」を1冊にまとめた本書。「新・映画道楽」は鈴木が自身の映画体験を通し、日本映画黄金時代の作品や俳優の魅力を紐解いていく内容だ。 本書の目次には「『座頭市』と勝新太郎」「内田吐夢と『大菩薩峠』」「笠原和夫とやくざ映画」「東宝青春映画」「藤田敏八・浦山桐郎」といったテーマや、加藤泰、森崎東、川島雄三、渡哲也、増村保造、市川雷蔵の名前が並ぶ。さらに樹木希林について語った項目や、大楠道代と鈴木の対談が追加取材分として新たに収録された。 書影には樹木が悠木千帆名義で出演した映画デビュー作「殿方御用心」のスチルが使用され、悠木、安田道代(大楠道代)、荒木一郎、石坂浩二の若き日の姿が確認できる。 なお6月14日放送のTOKYO FM「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」では、鈴木が本書の「樹木希林編」についてトークする。 ※森崎東の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記 ■ 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ TOKYO FM 2020年6月14日(日)23:00~23:30

【関連記事】