Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ガチで怖すぎる『呪怨』のドラマ、人気の理由は…?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

見だしたら止まらない動画配信のドラマを、映画評論家の田辺ユウキがセレクト。今回は、2020年の数ある映像作品のなかでもピカイチのおもしろさを持つ、Netflixのオリジナル作品『呪怨:呪いの家』。元ネタは、世界的大ヒットを記録したJホラーの金字塔『呪怨』シリーズ。 【写真】恐怖の表情 とはいっても、今作は映画とはがらりと雰囲気が違っている。住人たちの変死、失踪が相次ぐ呪いの家の舞台に、心霊研究家・小田島(荒川良々)が事件の真相を追いかけていく、この物語。7月に全6話の配信がスタートするやいなや「ガチで怖い」と評判が拡大。なぜ『呪怨:呪いの家』はウケたのか? 今回は、そのおもしろさについていろんな角度から紹介していきたい。

まず、日本映画界で期待される男、三宅唱について・・・

インディーズ系の日本映画について詳しく知らない人には、まだまだ聞きなれない名前かもしれない──三宅唱(みやけしょう)監督。ボウズ頭にストリート系ファッションで、イマドキの兄ちゃん感あふれるその見た目はおよそ映画監督とは思えない。しかし、手がけた作品は「これぞ映画!」と思えるほど充実したものばかり。 代表作は、40歳を目前に人生に行き詰まる俳優(村上淳)が、プロデューサー(菅田俊)から「選択と結果の積み重ねで今があるんだろ?」と現状を突きつけられる映画『Playback』(2012年)。高校時代へとタイムスリップした彼が過去を再体験する展開と、「撮影現場で同じセリフと動きを何度も繰り返すことで演技を作りあげる」という役者の特性を結びつけ、「俳優とは何か?」について構造的にストーリー化した作品だ。 また柄本佑、石橋静河、染谷将太が共演した『きみの鳥はうたえる』(2018年)は、若者たちが夜遊びをする姿が印象的。なかでもクラブのシーンは、店内に鳴り響く音楽の音量、言葉の聞き取りづらさなど、それぞれのボリューム感が見事だった。踊り疲れて休む姿にもリアル感があり、とても肉体的な映画だった。 『呪怨:呪いの家』は、さまざまな時代を行き来するところや、街のざわめきなどで日常性を表現する部分など、これまでの三宅作品のテイストが見え隠れしている。

【関連記事】