Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

白石一郎「海狼伝」 海洋冒険小説に針路開く 【あの名作その時代シリーズ】

配信

西日本新聞
白石一郎「海狼伝」 海洋冒険小説に針路開く 【あの名作その時代シリーズ】

夕日が落ち、荒波が打ち寄せる対馬・佐須奈湾の磯。ここで笛太郎は、海や船へのあこがれをさらに募らせていく

 「あの名作その時代」は、九州を舞台とした作品、または九州人が書いた著作で、次代に残すべき100冊を選び、著者像や時代背景、今日的な意味を考えながら紹介するシリーズです。西日本新聞で「九州の100冊」(2006~08年)として連載したもので、この記事は06年11月12日付のものです。 **********  血沸き、肉躍る小説というのがある。戦国時代末期、海賊に身を投じた若者の成長を描く、この歴史小説も、そうした一冊だろう。出無精で、どちらかと言うと「腰の重い作家」と言われた、白石一郎が、何かに突き動かされるように、取材・執筆に三年、徹底的に現場を踏み、足で書いた小説である。  この作品を書くに当たり、白石は「舞台の空気を吸いたい」と松浦党ゆかりの長崎県の平戸・壱岐・対馬に計十五回も通った。村上水軍ゆかりの瀬戸内の島々にも二十回近く足を運び、資料を集め、イメージを膨らませた。嵐の海のシーンを書くため、台風の日を選んで玄界灘に面したホテルに泊まり、一昼夜、荒れ狂う海を凝視した。「主人は、この小説に賭けていました。原稿料はすべて取材費に使うと言っていました」(妻の文子さん)。  執筆にも、全体重を傾けた。原稿用紙三枚分の物語の導入部分を、十回も書き直した。海戦の場面を描くときは、色紙で折った船を机上に並べ、想定した天候、風向、潮流、波高に合わせて、紙の船を動かしながら原稿用紙のマス目を埋めていった。  白石のファンで壱岐・対馬航路の現役の船員、中野和久氏(43)は、この小説を支える正確な航海の知識にうなった。  「壱岐・対馬海域では、冬の北西の季節風より、春と秋に吹く北東の風が時化(しけ)を呼び恐ろしい。それに、船の後ろからやってくる追い波が、船のバランスを崩し、操船の脅威になることも書いている。船員でもない人が、なんで、こんなことまで知っているのかと驚いた」

本文:2,528文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込165
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    西日本新聞

    西日本新聞の有料記事

    PayPay残高使えます