Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アップルの「脱インテル化」が極めて合理的なこれだけの理由…「規模の経済」を読み解く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

アップルの開発者向けイベント「WWDC2020」(会期:現地時間6月22日~26日)で発表された、Macの「脱インテル化」の発表が大きな話題になっている。 【全画像をみる】アップルの「脱インテル化」が極めて合理的なこれだけの理由…「規模の経済」を読み解く なぜアップルは、自社のPCに利用している半導体を、インテルが製造しているものから、自社製品に乗り換えようというのだろうか。その背景には、PC市場を巡る環境の変化が大きく影響している。

アップルが地道に進めていた地ならし

アップルは、現在同社が提供しているPC(本記事ではPCをパーソナルコンピュータの意味で使っていく、WindowsとMacの両方を合わせた総称をPCとする)「Mac」シリーズのSoC(System on a Chip、1チップでコンピューターを構成できる半導体のこと)を、これまで採用してきたインテルから、Arm社の技術に基づく自社製SoCに変更する計画を明らかにした。 アップルの発表によれば、Armの技術に基づいたアップル自社製のSoC(Aシリーズ、iPhoneやiPadに採用されているものと同じもの)への変更は、今後投入する予定の次世代OS「macOS Big Sur(ビッグサー)」の導入にあわせて行なわれ、アップル独自半導体(Appleシリコン)を搭載したMacは2020年末までに発売する計画だ。 アップルによると、このインテルからArmへの移行は、今後2年という時間をかけて行なわれる。いきなりインテルベースの製品をなくすのではなく、今後しばらくは、インテルベースとArmベースの自社製の両方のSoCを搭載した製品が共存することになる。 インテルベースの製品は、今後数年にわたり、同社が提供するmacOSの複数世代に提供していく計画だ。 新しい技術を導入するときには、上から下まで一挙に一新するようなイノベーションを積極的に取り入れるアップル。それでも、こうして移行に数年単位の時間をかけるのは、それだけプロセッサーの仕組みが複雑にできているからだ。 原則として、インテルに対応したソフトウェアは、インテル(とその互換品を製造しているAMD)のSoCを搭載したコンピューター上でしか動かないし、その逆にArmに対応したソフトウェアはArmに対応したコンピューター上でしか動かない(エミュレーションなど動作させるさまざまな手法はあるが、速度の低下などの影響がほぼ必ず出る)。 このため、ソフトウェア開発者は、そのための準備(Armに対応したソフトウェアを作ること)が必要で、Armベースのプロセッサを搭載した最初の製品発売が2020年末までにとされたのは、Arm版Mac用ソフトウェア開発のためのリードタイムをソフトウェア開発者に与えるためだ。 ただし、Arm版Mac立ち上げの準備は既にかなり進んでいる。 PC向けソフトウェアの最大手であるマイクロソフトとアドビは、WWDCの基調講演でそれぞれの「Arm対応版Mac用ソフト」を公開した。 マイクロソフトはWord/Excel/PowerPointといった生産性向上ツールを、アドビはPhotoshopやLightroomなどのクリエイター向けツールのArm対応版を公開し、動作するところをみせた。 こうした大規模なプラットフォーム移行の最大の問題が「代替の難しいアプリが動くかどうか」だということを考えれば、この2社がArm版Macに積極的な姿勢でいる意味は極めて大きい。

【関連記事】