Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

退学希望者が続出「幻滅大学」の酷すぎる実態 コロナで浮き彫りになった格差

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 新型コロナウイルスの影響でリモート授業が続く大学。ある大学の調査では1割もの学生が変わらない学費などに不満を募らせ、退学を検討していると回答したという。日本の大学で今、コロナ禍の対応に大きな格差が生じ、学生に寄り添う「優良大学」と、真摯に対応しない「幻滅大学」への二極化が浮き彫りになっている。社会学者で『大学改革の迷走』(ちくま新書)の著書もある佐藤郁哉・同志社大学教授が、幻滅大学のお粗末な実態や日本の大学の問題点について明らかにする。  ■新島襄の2つの言葉  4月以来、同志社大学の創始者である新島襄の墓所に赴き、日本の大学が直面している「未曾有の危機」に思いを巡らす機会が増えてきた。  1875 年に同志社英学校として発足した本学が1920 年に大学になってから、今年で100 年。日本の大学は、幾多の危難を経て今日に至っている。新型コロナウイルス感染症の拡大という危機は、高等教育のあり方に対して根源的な問いを突きつけるとともに、各大学が抱える固有の問題を明らかにした。

 新島が後世に遺した「機械的の製造場」と「倜儻不羈(てきとうふき)」という2つの言葉は、問題の背景を理解し、大学を再生していく重要な手がかりを与えてくれる。  ■コロナで見えた「優良大学と幻滅大学」  最近ある経済誌に「コロナで見えた優良企業と幻滅企業」と題した特集が掲載された。もじって言えば「コロナで見えた優良大学と幻滅大学」。次のように言い換えることもできる。「できることからすぐに始めた大学、できない理由を探し続けた大学」。  実際、組織規模や財政基盤などで同等の条件の大学間でも、①経済支援②精神的なケア③遠隔講義への対応、3 点において明らかな違いが見られた。かなり早い時期からきめ細かな対応をしてきた大学がある一方、小出し・後出し的な対応に終始した大学もあった。  前者の例として天理大学が挙がる。同大学では既に3月の段階で、教員を総動員して学生一人ひとりに電話で連絡を済ませていた。その上で、刻々と変わる情勢への対応について、学生がオンラインで確認できる体制を確立。また、全学生に通信環境(インターネット接続、所有機器の確認等)の調査を行い、リモート講義のスムーズな導入へとつなげていった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS