Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来年のダービーに向けて始まるJRA新馬戦。狙うべき2歳馬のポイントを達人が解説

配信

週刊SPA!

―[元敏腕競馬TMの期待値マシマシ話]―  日本ダービーが終わり、3歳馬の頂点はコントレイルに決まった。しかし来年のダービーへ向けて、次なる戦いはもう始まっている。「2歳戦は難しくて取っつきにくい……」という方も、ここで挙げていく馬たちに注目して2歳戦を楽しんでいただきたい。また馬券だけでなく、POGの指名馬選びにも活用できるので、ぜひ最後までご覧いただきたい。

即戦力アスコルターレは「タイセイビジョン級」

 まず最初に挙げたいのがアスコルターレ(父ドゥラメンテ、母アスコルティ、牡)。すでに5月20日の坂路で53.6-38.1-24.4-12.1と、この時期の2歳馬としては破格のタイムを出している。特に2F24.4というのが優秀で、現時点(6月3日)で、栗東の2歳馬の中では最速のタイムだ。  筆者が現役のトラックマンだった頃も、5月の栗東坂路で好時計を出していた馬には注目していて、過去にもケイアイノーテックが52.2-38.3-25.0-12.5、ダノンファンタジーが52.5-38.0-24.5-12.1、そして昨年はビアンフェが54.1-39.1-25.0-12.3と、2F25.0以下の好タイムを叩き出していた。  そしてもう一頭、重賞2勝、GⅠでも勝ち負けを繰り広げたタイセイビジョンも、5月の時点で54.8-38.9-24.9-12.1という時計を出していた。同馬はアスコルターレと同じく西村真幸厩舎の所属。今年“タイセイビジョン級”の活躍を狙うならこの馬だろう。  ちなみに西村真幸厩舎は、開場一番の最も時計が出やすい時間帯に調教をするので、時計が速く出やすい。そのため、昨年はタイセイビジョンを軽視してしまったが、どんなに馬場がいい状態だったとしても、2歳の5月時点での2F24秒台は評価しなければいけないと学んだ。その反省を踏まえて、アスコルターレを推奨したい。

クルーガーの全弟が時計以上に「狙える」

 ヴェルナー(父キングカメハメハ、母アディクティド、牡)も、すでに調教で素質の片りんを見せている。5月13日の坂路では53.0-38.7-25.4-12.7をマーク。一見、上記の馬たちよりも劣ったタイムに見えるが、こちらは追い切りの時間帯が評価のポイントになる。管理する高野友和厩舎は、ハロー(整地)直前の最も馬場の荒れた時間帯に調教をするため、他の厩舎の馬よりも調教時計が遅めになる傾向にある。上記の西村真幸厩舎とは真逆の特徴だ。それを考慮すれば、上記の馬たちとも互角以上の能力を秘めている可能性もあるのだ。  全兄クルーガーはマイラーズC勝ちなど重賞でも活躍。1つ上の全兄サクセッションも、3歳の現時点で3勝を挙げている。兄たちはマイルでの活躍が目立つが、牧場関係者によれば、距離の融通は利きそうで、クラシックでの活躍も期待できそうだ。

【関連記事】