Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ふかやに大河ドラマ?と文字も 深谷市、ポロシャツとTシャツを作成 売上金の一部を病院へ寄付

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県の深谷市と同市地域振興財団は、NHK大河ドラマの主人公に決まり新1万円札の肖像になる同市出身の渋沢栄一と、同市イメージキャラクター「ふっかちゃん」のデザイン入りポロシャツとTシャツを作成した。28日から販売が始まり、注文が入ってからの生産になる。 俳優・山本耕史さん、荻野吟子の生誕地でロケ 日本初の女医の映画、熊谷などで撮影 地元児童も出演

 今年は背中に栄一翁の絵と「忠恕(ちゅうじょ)ある行動が未来を紡ぐShibusawa Eiichi」などという文字も添えた。左胸にはふっかちゃんと栄一翁、左袖には同市シティプロモーションロゴマーク「ふかやに大河ドラマ?あるある!」という文字も入れて栄一翁を応援。  Tシャツは白、黒、メトロブルーの3色。ポロシャツはTシャツ3色とライトピンクなど計7色。サイズは共にSSから3Lまでの6サイズ。価格は税込みでポロシャツ2500円、Tシャツ2000円。市総合体育館「深谷ビッグタートル」で受け付け販売をしている。  軽装運動「ふっかちゃんCOOL BIZ DAY」を9月30日まで実施している同市職員もポロシャツを着用している。  売上金の一部を新型コロナウイルス感染症指定病院の深谷赤十字病院へ寄付する。  問い合わせは、同財団(電話048・551・5085)へ。

【関連記事】