Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辛口解説者も思わず「アメージングだ!」。松山英樹は年間王者を“小技”でつかむか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

いよいよ最終戦を迎えるPGAツアー。松山英樹は前戦で3位タイと最後まで優勝争いに絡む健闘を見せたが、その要因はなんだったのか?在米ゴルフジャーナリスト・アンディ和田がデータを分析。 松山英樹のドライバー連続写真はコチラから

難セッティングの中、アプローチでパーを拾い続けた

PGAツアーもいよいよシーズン王者を決めるファイナルウィークがやってきました。前週は松山英樹選手が難コースで粘り強いゴルフを展開し、初日を首位でスタートし、最終日後半まで優勝争いに絡みましたね。最終的には2打及ばず、順位は3位タイで競技を終了しましたが、フェデックスカップランク30位までしか出場できない最終戦「ツアー選手権」をランキング10位で迎えています。 前週の「BMWチャンピオンシップ」は過去に全米オープンが開催されたことがあるオリンピアフィールズ北コース(7366ヤード、パー70)。 深いラフと硬いグリーン、そして突風混じりのシカゴ独特の風に選手達は苦しみました。 そんな中、松山選手は契約先のスリクソンの新ドライバーを投入してドライビングディスタンスは出場69人中10番目の325ヤードを記録していました(計測ホール1番と15番)。 しかしフェアウェイキープ率は39%(56位)、パーオン率は51%(55位)と低迷。 そんな中で光っていたのはグリーン周りからのリカバリーでした。 グリーン周りのショットのスコアへの貢献度はダントツでトップ(+1.52)。パーオンは72ホール中37回だったのでパーオンを外したホールは35回。 その中でパーセーブができたのは25回。 加えて3日目はスタートホールでグリーンそばのバンカーから直接決めてイーグルを決めるなどショートゲームは冴えていました。 PGAツアーのラジオ担当でラウンドレポーターを務めるウィル・ハスケット氏は松山選手のショートゲームを称え「アメージング(素晴らしい)」の連発。しかし辛口解説者でツアー優勝経験のあるデニス・ポールソンは「ヒデキはティショットも左右に荒れているし、グリーンを狙うショットは欲を出し過ぎで苦しい展開だ、最終日まで同じようにパーは拾えきれないだろう」と厳しいコメントを3日目に話していましたが、最終日もパーセーブを繰り返すに松山にポールソンはハスケットと同じように「アメージングなショートゲームだ」と絶賛していました。 次は松山選手の72ホールのパッティングデータを見てみましょう。 1メートル以内:100%(42回中42回成功) 1メートル以上 3メートル以内:74%(31回中 23回成功) 3メートルから5メートル25%(8回中 2回成功) 5メートルから7メートル0% (6回中 0回成功) ちなみに優勝したラームは3メートルから7メートルで 20回中7回沈めていました。解説のポールソンは松山のパッティングについて「ヒデキはショットは彼自身のリズムを常に保っているけれど、パッティングになると構えから打つまでの動作、そしてストロークのリズムがまだ完成されていないように感じる」と語っていました。

【関連記事】