Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型エクストレイル(ローグ)の全貌は? 日本仕様はどうなる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

新型は先進安全装備などがさらに充実する!

 日本を代表するSUVとして、多くのファンに支持されている日産エクストレイル。現行モデルでは安全運転支援システム「プロパイロット」が搭載されるなど、その進化は悪路走破性だけではない。そんなエクストレイルについて解説していこう。 【写真】新型ローグはリヤビューもスタイリッシュ!

新型ローグが北米で発表!

 まずは北米で発表された新型ローグについて解説しよう。2020年6月に北米市場で発表された新型ローグ。これまでもエクストレイルの北米版として発売されており、新型エクストレイルとして日本市場に投入されるのでは? と噂されている。

新型ローグのエクステリア

 外観は迫力あるスタイリングが特徴。大型のVモーショングリルをはじめ、ヘッドライトは横長の長方形タイプで、力強さを表現している。  リヤビューは、現行のローグ(エクストレイル)と大きく変わらないようなデザインを踏襲。テールランプはより横長になった印象で、ワイド感を強調したスタイリングだ。  装着されるアルミホイールは、グレードによって異なるが、17~19インチと3サイズのアルミホイールが設定されている。

新型ローグのインテリア

 インテリアは、先進性と高級感を両立したような雰囲気。大型ディスプレイがインパネのセンターに鎮座し、メーターはフル液晶ディスプレイを採用。運転席と助手席を太めのセンターコンソールでしっかりと分けたことで、たくましさを感じさせる。

新型ローグの基本スペック

 搭載するエンジンは、181hpを発揮する2.5リッター直4。組み合わせるトランスミッションはCVTだ。安全装備は日産を代表する技術となったプロパイロットを搭載。そのほか、セーフティシールドなどを搭載している。  駆動方式は2WD(FF)と、4WDの2タイプを設定。4WDはあらゆる路面状況に対応するべく、多彩なドライブモードを備えている。オフロード走行用、雪道走行用、市街地などの舗装路、郊外やハイウェイでのエコモード、ワインディングなどで気持ちよく走れるモード。5つを切り替えることで、さまざまな条件でも確実に走破することが可能だ。

【関連記事】