Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<I-LAND>課題曲BTS「FIRE」で“圧倒的エース”ヒスン覚醒!前代未聞の“連帯責任”ルールが起爆剤に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

注目のサバイバルオーディション番組「I-LAND」(ABEMA SPECIALにて毎週金曜夜11:00~放送)の#3が7月10日に放送された。1つ目の課題曲パフォーマンスを受けて6人を入れ替えた新生<I-LAND>の12人が、“エース候補”イ・ヒスンを中心にBTS(防弾少年団)の「FIRE」を披露。渾身のパフォーマンスで成長ぶりを見せつけた。 【写真を見る】ケイも覚醒!!ちゃめっ気たっぷりのスマイルでプロデューサー陣を魅了 ■ #2でセンターを務めたニキは無念の”放出”… 「I-LAND」は、世界的人気アーティスト・BTSやTOMORROW X TOGETHER(TXT)が所属するBig Hit Entertainmentと、『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んで送る、新たなサバイバルオーディション番組。 このオーディションのために建設された超ハイテクな建造物・I-LANDを舞台に、世界中からオーディションで集められた志願者23人が切磋琢磨し、デビューを目指す。 #3では、最初の課題曲「Into the I-LAND」のパフォーマンスを踏まえたメンバーによる投票の結果、6人が<グラウンド>に降格となった。 対象者は、歌唱面の評価が低かったジェイや、センターの役割を果たしきれなかったと判断された日本人のニキら。ダニエルはプロデューサー陣によるパフォーマンス評価が70点と高かったにもかかわらず、メンバーにはアピールできず放出となった。 代わりに6人が<グラウンド>から昇格。プロデューサー陣からも“ビジュアル担当”と期待をかけられるキム・ソヌ、練習期間わずか6か月とフレッシュなチェ・ジェボム、15歳の日本人タキら6人が<I-LAND>に入場するとすぐに課題曲が発表され、6日後の本番に向けた練習が始まった(入れ替え後のメンバー一覧は文末に掲載)。 ■ 日本人・ケイが覚醒!スマイルで魅了 今回の課題曲はBTS(防弾少年団)のパワフルな楽曲「FIRE」。Big Hitでの練習生時代にTXTメンバーとともにトレーニングを重ねていたという”エース候補”ヒスンが推薦で1番(センター)に決まった。 「Into the I-LAND」では当初1番に指名されたものの途中でニキと交代し、見せ場の少ない10番を務めたヒスン。今回は、類まれなルックスと安定したパフォーマンススキルを存分に生かしてセンターポジションを務め上げ、メンバーを信頼して体を投げ出すアクロバットダンスも成功させた。 最後の決めポーズでは気迫のこもった視線をカメラに投げかけ、審査員のZICOを「ヒスンの最後のあの表情が、今日僕たちが一番注目すべきポイントだった」と唸らせた。 このほか、最年長参加者で日本人のケイがブレイクダンスなど見せ場の多い2番を、「Into the I-LAND」でも3番を務めたヤン・ジョンウォンが今回も3番を、歌唱力の評価が高いイ・ゴヌが歌の見せ場のある4番を担当するなど、目立つ上位パートはI-LAND残留組で占められた。 #1・#2となかなか硬さが抜けなかったケイも、今回2番パートを割り当てられ奮起。自らの殻を破り、これまで発揮できていなかった豊かな表現力で魅了した。 <グラウンド>からの昇格組では、15歳の日本人タキが奮闘した。与えられたパートは見せ場の少ない12番だったが、一切手を抜かず精いっぱいのパフォーマンスを披露。 ステージを降りると日本人のケイに「ケイお兄さんはダンスもすごくうまくて大好き」となつくなど愛嬌たっぷりの素顔を見せ、モニターで見守るプロデューサー陣を和ませた。 それぞれ#1・#2よりも格段の成長を見せた<I-LAND>メンバーに、RAINも「期待したよりうまかった。協力しないといけないチームワークダンスも良かった」と高評価。パフォーマンスの個人得点が発表されると80点以上の高い点数が続き、メンバー自身からも驚きの声がもれた。 ■ 「I-LAND」ならではの“連帯責任”ルール 「I-LAND」プロジェクトの最大の特徴は、“連帯責任”ルール。多くの選択がメンバー自身にゆだねられ、その結果も全員で受け止める。具体的には、降格や昇格が個人の点数ではなく、チームの平均点を基準に決定する。 初回ではいきなり23人から定員12人までに絞るオーディションが行われたが、投票したのはメンバー自身。過半数の票を集められなかった7人はその場で“放出”され、その後、残りの脱落者4人もメンバー自身による投票で決定。定員に入れなかった11人の志願者は、建物外部の<グラウンド>で再起を誓うことになった。 テストごとに課題曲の譜面と音源、振り付け動画が与えられ、メンバー自身でレッスンして本番に臨む。メンバー同士、わからないところを教え合ったり、協力して振り付けを練習したり。練習や話し合いを仕切り、1番から12番まで不公平に割り振られたパートを決めるのも、自分たちでやらなくてはならない。 途中、審査員を務めるZICOやRAINがアドバイスを与える時間はあるが、それ以外のすべての時間をメンバーだけで過ごし、切磋琢磨し合う。 そのため、時には衝突することも。「Into the I-LAND」では、完璧を求めるあまり厳しいダメ出しをするヒスンにメンバーが不満を募らせる場面もあった。 中でも、”自分が票を投じたせいで仲間が<グラウンド>に降格させられる”という事実が彼らに与えるショックは大きい。「Into the I-LAND」の結果を受けて降格する6人が決まると、残留組のゴヌやヒスンは大粒の涙をこぼし、去っていく仲間を抱きしめた。 そんな過酷な”サバイバル“が起爆剤となって、#3で飛躍的に成長した<I-LAND>のメンバーたち。ヒスンやケイを筆頭に何人ものメンバーが自分の殻を破り、今まで見せたことのなかった表情をステージ上で咲かせてみせた。 だが、審査員の高評価を得た「FIRE」でも降格者が出た模様。降格者の人数は明かされていないが、7月17日(金)放送の#4では、<I-LAND>から降格した分を補うため<グラウンド>の面々が「FIRE」を披露する。リーダーシップをとるのは<I-LAND>経験者のジェイとニキだ。 過酷な環境に身を置き、自分の力で成長していく23人の美しくも残酷な闘いはまだ始まったばかりだ。 ■ 課題曲「Into the I-LAND」後グラウンドへ降格となったメンバー イ・ヨンビン、ダニエル、ジェイク、ジェイ、ニコラス、ニキの6人。 グラウンド残留組のハンビン、チョ・ギョンミン、チュ・ジミン、チェ・ジェホ、ノ・ソンチョルと合流。#4では<I-LAND>昇格を懸けて2曲目の課題曲BTS「FIRE」パフォーマンスに挑む。 ■ 課題曲「Into the I-LAND」後<I-LAND>昇格となったメンバー キム・ソヌ、ピョン・ウィジュ、チョン・ジェボム、キム・テヨン、キム・ユンウォン、タキの6人。 #3の課題曲・BTS「FIRE」でのパート: 1番(センター)イ・ヒスン、2番ケイ、3番ヤン・ジョンウォン、4番イ・ゴヌ、5番チョン・ジェボム(今回昇格)、6番キム・ソヌ(今回昇格)、7番チェ・セオン、8番キム・テヨン(今回昇格)、9番パク・ソンフン、10番キム・ユンウォン(今回昇格)、11番ピョン・ウィジュ(今回昇格)、12番タキ(今回昇格) (ザテレビジョン)

【関連記事】