Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【お取り寄せ】京都へ出かけなければ味わえなかった名店の味

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

京都へ出かけなければ味わえなかった名店や予約困難店の味が、今年になって続々とお取り寄せできるようになりました。約400年以上の歴史がある『瓢亭』からは、常連だけが知る「鯛のあら炊き」がお取り寄せ可能に。 【写真】2020京都グルメ特集 瓢亭「甘鯛味噌幽庵焼」etc. 独自の料理と趣(おもむき)ある空間でもてなされる『瓢亭』は、京都屈指の老舗料亭。 「遠出や外食がままならなくなり、今年の6月からうちの名物や家庭で味わえる料理の発送を始めました。常連さんにも、敷居が高いと思っておられたかたにも楽しんでもらえる品ぞろえです」と話す15代目主人・高橋義弘さん。 そのひとつが、京料理に欠かせない魚、甘鯛(ぐじ)の味噌幽庵焼。14代・高橋英一さん考案の名物で、酒、みりん、しょうゆに白味噌と柚子を独自の割合で合わせている。色鮮やかな「炊き味噌3点セット」はあえ物や焼き物に重宝する3種類の味噌ダレ。野菜とあえたり、豆腐や麩(ふ)に塗って焼いたりするだけで家庭のおかずが別ものとなり、手軽にランクアップする。 取り寄せでしか味わえない一品もある。一年を通じてお造りに使っている明石の鯛の頭をたっぷりのお酒を使って甘辛く炊き上げたあら炊きがそれ。 味よし、素材よしの老舗の味に手が届き、京料理の真髄に出会える。

瓢亭といえば、明石鯛。常連だけが知る「あら炊き」を初公開 ひいきすじの注文があったときだけ作り、店では出していない明石鯛のあら炊き。温めるときに下処理した野菜と炊き合わせても。1パック(1尾分)¥2,700(送料別)

約400年前に茶屋として創業し、天保8(1837)年に料理店の看板を掲げる。南禅寺の参道に面し、往時の姿をとどめている腰かけのある玄関。破風(はふ)に瓢形の板割がかかる。

昔からの仕事に新風を吹き込んだ14代考案の甘鯛の逸品 甘鯛味噌幽庵焼は冷めても硬くならず、身はしっとり。4切れ¥6,000(送料別)

【関連記事】