Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カワサキ「Ninja ZX-25R」の素顔はスポーティな街乗りバイク? 話題の4気筒250ccモデルを公道試乗

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バイクのニュース

足つき性も良好な250ccスーパースポーツ

 見た目に250ccモデルとは思えない上級感とボリューム感があるカワサキ「Ninja ZX-25R」からは、オーナーを満足させる質感が放たれていますが、跨ると「ニーゴー」らしく軽くてコンパクトで、気負いなく付き合える相棒を思わせます。 【画像】カワサキ「Ninja ZX-25R SE」の画像を見る(13枚)  ライディングポジションもカワサキのツイン・エンジンの「Ninja(ニンジャ)250」に通じるも、それよりもわずかにハンドルが低めで、スポーティさが放たれています。それでも、ツーリングにも使える快適性は保たれていて、もちろん足着き性も良好です(筆者:和歌山利宏は身長161cm)。  エンジンを掛けるとスムーズかつ静かなことが印象的で、発進していくとツインエンジンで親しんだ身にはビート感ともにマシンが前に押し出されていく感覚に乏しく、いささか拍子抜けの感も否めません。でも、それは250ccツインや600cマルチの感覚と比べてしまったからに過ぎず、以降は何の違和感もなかったことを付け加えておきます。  そのうえ、アイドリング回転数のまま発進できて、6速で全閉のままアイドリング回転数で20km/h程度で走れる粘りを備えています。でも、これって出来過ぎでは? と疑問の念がもたげ、技術者に聞いてみると、やはり電子制御でスロットルバルブを開かせるという補正が入っているとのこと。4気筒250ccは30年前に一斉を風靡したものですが、もはや過去の記憶とラップさせるのは無意味というものです。

エキサイティングなエキゾースト・サウンド

 Ninja ZX-25Rは、とにかくスムーズです。ですから、街中走行も無理なくこなせます。40~60km/hを6速のまま、交通の流れに沿って走れます。おまけに、アップダウン両利きのクイックシフターも大変に有効で、250ccゆえ頻繁に行うシフト操作も楽しく苦になりません。  とは言え、このエンジンの本質が高回転高出力型であることは言うまでもありません。スポーティに走るには8000rpm以上をキープしたいところで、高回転まで回すほど元気になっていきます。レッドゾーン17000rpmに向かって吹き上がるエキゾースト・サウンドはエキサイティングで、今こうやって原稿を書いていても、それを真似た擬音語が思わず口から出てきそうになります。  しかし、高回転型であっても気難しさはありません。私のコーナリングを撮影したワインディングのコーナーは、2速だと14000rpm、3速では11000rpm、4速なら9000rpm以上を保つことになりますが、トルクがリニアに立ち上がる特性のため、それらを気分とペースに合わせて選択がすることができます。私は今回、撮影のほとんどを3速でこなしましたが、サーキット張りに攻めるなら2速、ツーリングペースなら4速といったところで、ワイドレンジに楽しめるというわけです。  さて、コーナリングでのハンドリングは、俗っぽい言い方になりますが、まさにZX-10RやZX-6Rの弟分らしいと表現して差し支えありません。素性はZXシリーズそのものなのです。車体の剛性感に兄貴分のような高剛性感はありませんが、親しみやすく、排気量に見合った安定性を備えています。  それに何より、コーナリングの基本特性はやはり「ZX」です。マシンを寝かし始める一次旋回、クリッピングポイントに向かって寝かし込んでいく二次旋回のそれぞれにおいて、ZXシリーズに通じる適度の軽快感と抵抗感が保たれているのです。軽快であっても下手なヒラリ感はないわけで、マシンに自信を持てるのです。

【関連記事】