Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「愛護精神を広め飼い主さんの教育も」動物愛護センターの新しいスタイルとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

ここでは犬と、犬を取り巻く社会がもっと幸せで素敵なものになるよう活動している方々をレポートします。 今回は、2013年に都道府県の自治体では初めて『犬の殺処分数ゼロ』を達成し、2019年に施設の全面的な建て替えを行い、2019年6月に新施設へ生まれ変わった「神奈川県動物愛護センター」。 全国からも注目される新たな取り組みと、施設内の目を見張る設備について紹介します。

全国からの寄付に支えられて生まれ変わったセンター

「センターの建て替え計画が立ち上がったとき、タレントの杉本彩さんが応援団長となり、『いのちを守る 神奈川県動物愛護推進応援団』が結成され、全国に建設基金を募ることができました。 その結果、約2億9000万円の寄付金が集まり、自治体の予算と合わせて新センターを誕生させることができました」

犬や施設の様子は、包み隠さずオープンに

県民をはじめ全国の人々からの支援を受けて誕生したセンターだからこそ、県の内外問わず多くの人に見学に来ていただき、犬がどのように収容されているのか、医療設備はどうなっているのかなど、施設の様子は包み隠さずオープンにしていきたい、と上條さんは語ります。 また、新センターになってからは、県内外の人々との交流を深め、愛護精神を広めるために、夏休み飼育体験教室や獣医師体験教室などを実施しています。

犬の譲渡希望者はセンター主催の講習会に参加

この日開催された講習は、センターに収容されている犬猫の譲渡希望者を対象にした「わん・にゃん教室」。 毎月第2・第4金曜日に開催されますが、平日にもかかわらず多くの人が参加していました。 センターから犬を迎えるには、この講習を受けてから、希望の犬を決めて、その後あらためて個別面接を受けます。 そして面接の結果、譲渡可となった家族には、後日センターで犬の譲り渡しをします。 「講習を受けると受講証として教材にスタンプが押され、5年間有効になります。 当センターから譲渡する犬は1家族に1頭まで。 譲渡希望者が、本当に責任をもって終生飼育できるのか面接でしっかりと話を聞きます。 家の中のどの空間で犬を飼う予定なのか、写真も見せてもらうので、譲渡した犬がまた戻ってくることが、なくなりました」と上條さん。

【関連記事】