Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

春夏連続の甲子園中止…球児救済に「独自大会」の動きも 松坂投手はWebサイト創設を提案

配信

ABEMA TIMES

 日本高校野球連盟は5月20日、夏の全国高校野球大会の中止を決定した。105年の歴史を誇る甲子園が中止になったのは、1918年の米騒動、1941年の戦局悪化に続いて、今回が3度目。春夏続けて大会が中止になるのは史上初だ。 【動画】夏の甲子園、中止の理由  「夏の甲子園中止」という衝撃の知らせは、一斉に全国の球児たちに届いた。長崎商の相川晃甫主将(3年)は「高校3年生までしか追えない、限りある夢を追っていたんですけど、その夢が今日失われて、本当に悔しいです」と、唇を噛んだ。  20日に行われた会見で、日本高校野球連盟・八田英二会長は「球児の皆さんに苦渋の決断をお伝えする悲しい日となりました。春のセンバツ大会に続き、夏の選手権大会の開催中止を伝えることは、まさしく断腸の思いです」と発言。当初、高野連などは無観客での開催を検討していたが、地方大会を含む全ての試合の中止。多くの選手や関係者が、全国から鉄道やバスなどを使って移動することに加え、集団で宿泊することなどを考慮した結果、感染のリスクは避けられないという結論に達した。

 地方大会の日程確保も難しかったという事情もあった。甲子園を8月10日から開幕するためには、その代表校を決める地方大会を6月下旬から順次開催する必要がある。ところが現在、休校が長期化し、多くの学校で部活動は休止中。そのため、地方大会までに球児たちが体力を回復し、実戦感覚を取り戻すには期間が短く、けがや熱中症のリスクが大きいと判断した。  今年は春の地方大会についても、沖縄を除いた46都道府県で中止。この状況下で、球児たちに最後の舞台を用意しようと、全国の半数以上の都道府県では、独自の地方大会の開催を検討している。  千葉県の高野連は「3年生は進路の問題があるので、7月の後半から8月上旬にかけて、出来るのであればその時期に。トーナメント形式の大会ができるかどうか、明後日の理事会で検討していきたい」と、独自大会に意欲を見せた。また指導者からも独自の大会開催を切望する声があがっている。宮城・仙台育英の須江航監督は「ここまで努力してきたことが、無駄ではないことを、ここからの日々で証明していきたいと思っている。ここからは大人の出番だと思っている。道を示してあげて、共に歩んでいきたい」と、球児のために動き出すべきだと熱弁した。  球児のために、という働きかけは多様だ。プロ野球・西武の松坂大輔投手は、スカウトの目に留まるようにと、各地方高野連で選手やチームの動画投稿を受け付けるWebプラットフォーム創設の案を出している。京都・龍谷大平安の原田英彦監督は、全国の強豪同士で真剣勝負を行うとして、6月に甲子園出場の常連校と練習試合を予定。他の独自プランにも、県大会を行った上で地区大会の開催、地区のみに限定センバツ開催、というものもある。

【関連記事】