Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

F・モリナリの“お引っ越し”にT・フリートウッドが反応「僕を置いて行かないと言ったのに(涙)」

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

イタリア人初の全英オープン覇者、フランチェスコ・モリナリが11年間暮らしたロンドンを離れ、カリフォルニアへと移住するとツイッターで公表した。 フリートウッドが風に強いのはなぜ? 最新ドライバーショット【連続写真】 米国、欧州ともに新型コロナウイルス感染でツアーが中断した間に「主に将来のことで、これから数年何をしたいかを考えた。プロとしてもそうだけど、何よりも家族でどう過ごすかが重要だった」とモリナリ。 その結果、選んだのは米国のカリフォルニア州。サンフランシスコ郊外のゴールデンステイトとみられ、「僕の人生の次のチャプターはカリフォルニア。家族と一緒に安全で楽しい時間を過ごしたい」とコメントした。 現在はたくさんの国で渡航制限があり、思ったように移動ができない日々。モリナリは6月のPGAツアー再開後、まだ試合に参戦していないが、この移住を機にPGAツアーへの本格復帰が見込まれる。 同じく英国を拠点とするトミー・フリートウッド(イングランド)はモリナリのツイートに「僕を置いて行かないと言ったのに(涙)」と書き込み悲しがると、モリナリは「いつでも君のベッドは用意してあるよ」と答えていた。(文・武川玲子=米国在住) (撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】