Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

UEFAが昨季CLで輝いた4選手を選定! 得票率1位だったのは…

配信

ゲキサカ

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の公式ツイッター(@ChampionsLeague)が10日、2018-19シーズンの前回大会で輝いた4選手を選定し、人気投票を実施した。  ノミネートされたのは、リバプールのDFフィルヒル・ファン・ダイク、当時アヤックスで今季からバルセロナに加入したMFフレンキー・デ・ヨング、バルセロナのFWリオネル・メッシ、トッテナムのFWソン・フンミン。いずれも昨季ベスト4に残ったチームから選出されている。  投票数は合計4万566票で、得票率46%のメッシが1位に輝いた。昨季は優勝こそ逃したが、得点ランキング1位の12ゴールを記録。同年に史上最多6回目となるバロンドール受賞も果たしている。  2位は28%でファン・ダイク。出場停止を除く全12試合の出場でリバプールのビッグイヤー獲得に貢献し、バロンドールの投票でもメッシに次ぐ2位だった。  3位は18%のソン・フンミンだ。12試合に出場して4ゴール1アシストを記録し、マンチェスター・シティとの準々決勝では2戦3発でトッテナムを4強に導いた。  そして4位は8%だったデ・ヨング。当時アヤックスの中心選手としてレアル・マドリー、ユベントスの撃破に一役買い、チームの躍進を支えた。 投票結果は以下の通り 1. リオネル・メッシ(バルセロナ)…46% 2. フィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)…28% 3. ソン・フンミン(トッテナム)…18% 4. フレンキー・デ・ヨング(アヤックス)…8%

【関連記事】