Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋発売のiPhone 2020は5G用AiPを側面搭載? Lightning継続か

配信

ITmedia NEWS

 MACお宝鑑定団は、以前のiPhone 2020/5.4 inch、iPhone 2020/6 inch、iPhone 2020 Pro/6.5 inchに加え、iPhone 2020 Pro/6 inchとされる新しい3DプリントモックをAlibaba Sourcesから4種入手した。 iPhone 2020:AiP Module  筐体サイズなどは、前回伝えた内容と変化はない。  iPhone 2020/5.4 inchとiPhone 2020/6 inchは2眼カメラ、iPhone 2020 Pro/6 inchとiPhone 2020 Pro/6.5 inchは3眼カメラとなるようだ。  画面サイズは3種類、背面カメラは2種類で、4機種ラインアップされることになる。  Alibaba Sourcesによると、iPhone 2020シリーズは、これまでサイドボタン側の横面にあったSIMトレイは、音量を上げる/下げるボタン側の横面に移動する。  これまでのSIMトレイ部分には、筐体側面に配置するQualcommの5G NR対応ミリ波アンテナモジュール「QTM052」などといった5G用AiP(Antenna in Package)モジュールが搭載される可能性があるようだ。  底面にある左側の穴の数は、iPhone 2020/5.4 inchが2つ、iPhone 2020/6 inch、iPhone 2020 Pro/6 inchが3つ、iPhone 2020 Pro/6.5 inchが4つとなる模様。  左側の穴の数は、iPhone XS、iPhone XS Maxと異なる。  Lightningコネクタは継続されると考えられる。 [MACお宝鑑定団]

ITmedia NEWS

【関連記事】