Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

突然「謎のマスク」が届いたら…?ネットショッピングのトラブルを防ぐ4つのポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

ネットショッピングのトラブルを避けるために!知っておきたい4つのポイント

ここからは、ネットショッピングのトラブルに巻き込まれないために知っておきたいポイントを4つご紹介します。  大手通販サイトでも安全だとは限らない モール型の大手通販サイトには多数のショップが入っています。ショップを運営している業者はさまざまで、悪質な業者も混在しています。「サイトに不自然な日本語が使われている」「連絡先にフリーメールが使われている」「クレジットカードが使えない」という場合は要注意です。返品特約の内容や業者の住所、電話番号もしっかり確認しましょう。  偽物のサイトにアクセスしない インターネット上には大手通販サイトや有名ショップにそっくりな偽物のサイトがあります。ショップから来たメールだと思い込んで記載されたアドレスにアクセスすると、そこで入力した情報が流出する可能性もあります。 検索やブックマークを利用して、公式サイトにアクセスするよう心がけましょう。  価格が適切かどうかを確認しよう 価格が適切かどうかを確認するためには、複数のショップで同一の商品を比較する方法が効果的です。口コミのチェックも有効ですが、アルバイトやコンピューターを使って偽物の口コミを大量に書き込んでいる場合があり、参考程度と捉えておくほうが無難です。 定期購入サービスには複数回の購入を強要するものがあるため、注意しましょう。  通信が暗号化されているサイトを使う 通信が暗号化されていないサイトで入力した情報が盗まれると、内容を読み取られるおそれがあります。クレジットカード番号など大切な情報を入力する場合は、サイトの通信が保護されているかどうかを必ずチェックしましょう。サイトのアドレスが「https://」から始まり、アドレスの前に錠前のマークがついていれば暗号化されています。

安全にネットショッピングを楽しみましょう

ネットショッピングを安全に利用するためには、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。知識を吸収して、自分の身を守りましょう。不安なことがある場合は、周囲の人に相談することでトラブルを防ぎやすくなります。トラブルに巻き込まれてしまったら、できるだけ早く警察や国民生活センター、クレジットカード会社などに連絡しましょう。悪いのはだます側であって、自分を責める必要はありません。  参考 (※)「家計消費状況調査 ネットショッピングの状況について(二人以上の世帯)―2020年(令和2年)4月分結果―」総務省統計局 「クーリング・オフ」独立行政法人 国民生活センター 「通信販売のルールが変わります!」経済産業省 「新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください」消費者庁 「トラブルに巻き込まれないようにもう一度確認してください!」消費者庁

LIMO編集部

【関連記事】

最終更新:
LIMO