Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GoToは「くそキャンペーン」 重度障害者、命の叫び コロナ拡大を懸念「私は戦場にいる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 東京を筆頭に全国で新型コロナウイルスの感染が再拡大している。若い世代の感染例が多く、軽症もしくは無症状で自覚が乏しいままウイルスを広げている可能性が指摘される。22日から始まった「GoToトラベル」キャンペーンは、「感染症対策の徹底を優先すべき」「コロナ禍で大打撃の観光業界に救いの手を」など、日本中で侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が続く中での見切り発車となった。そういう状況にあって、最も弱い立場にある人たちの声はいとも簡単にかき消される。在宅で訪問介護などに頼って暮らす重度障害者にとって、感染拡大は命に直結する。ヘルパー確保が困難になるなど、綱渡りの生活を余儀なくされている女性は「私の今の生活は極限のストレスにさらされ、戦場にいるようなもの。GoToは本当に『くそキャンペーン』だと思う。このタイミングでやるもんじゃない」とやるかたない怒りをぶつけた。(共同通信=真下周)  ▽ひとり暮らし

 大阪市内のアパートで1人暮らしする鳥居生(とりい・うぶ)さん(36)は2014年1月ごろ、歩行がふらつき、肺炎を繰り返すようになった。公立高校で学習支援サポーターをしていた。原因が分からず右往左往したが、最終的にたどりついた診断は、運動機能に障害を来す「慢性小脳炎」。大人では極めて珍しい症例だった。運動のバランス感覚が保てず、意思どおりのスムーズな動きができない。小脳とその周辺が萎縮したことが影響し、記憶が難しくなるなどの高次脳機能障害も残った。  発病後、てんかん発作が治まらず、厳格に管理された病院で入院生活を強いられた。「人として扱われていない」と絶望したが、体調を安定させるため胃に栄養をチューブで入れる「胃ろう」を造設する条件と引き換えに、2カ月後には病院を飛び出し、アパートでひとり暮らしを始めた。仕事は辞めており、無職になっていた。  それから6年。今は重度訪問介護の制度を使い、訪問看護や介護など10以上の事業所から総勢40人ほどのスタッフが交代で訪れ、在宅生活を支える。点滴や胃ろう、導尿などいくつもの管につながれている体。昨年からはぜんそくになり、酸素吸入の機器も手放せない。それでも自分の意思で組み立てられているこの生活を気に入っている。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS