Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ハイスクール・ミュージカル』のアシュレイ・ティスデイル、胸のインプラントの除去を告白

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

今週、インスタグラムに長文メッセージを投稿したアシュレイ・ティスデイル。かつて豊胸手術をしたことを告白、さらにそのインプラントを除去したことを報告している。アシュレイ曰く「豊胸手術を受けるまで、私は自分の体型が十分ではない思っていた。手術で胸を変えれば完全な体だと思える、もっと自分に自信が持てると思っていた。豊胸手術からしばらくはそうだった。短い間だったけれど」と語っている。 【写真】美容整形を認めてすっきり(?)したセレブたち でも手術の後「少しずつ、原因のわからない体の小さな不調に苦しむようになった。食べ物に敏感になったり、消化器官に問題が出たりした。私はこれがインプラントのせいかもしれないと思うようになったの。だから昨年の冬に除去手術を受けることにした」。

今はインプラントなしの体型に満足しているというアシュレイ。「これは成長と自分探し、自分を受け入れ、そしてこれが最も大切なことだけれど自分を愛するようになるまでの旅路だった」と振り返っている。「この写真は手術から2か月後に撮ったもの。ついに完全な姿になれてこの上なく幸せなのがみんなにも見てわかると思うわ」。 「過去の自分の決断を誇りに思っているとは言えないけれど、後悔はしていない。なぜならそれが今の私に導いてくれたのだから」と綴っているアシュレイ。自分の体型を受け入れようというボディポジティブの動きがますます広まっているセレブ界。アシュレイのように、素の胸に戻したいと思うセレブがこれからも続くかも。

【関連記事】