Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大敗で連続無敗を「32」で止められたバイエルン指揮官「敗北を受け入れる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

バイエルンのハンジ・フリック監督がホッフェンハイム戦での完敗を受け入れた。クラブ公式サイトが伝えている。 【動画】守備だけじゃない!ボアテングがミュラーに送ったワールドクラスのロングフィード【ベスト・アシスト】 27日に敵地で行われたブンデスリーガ第2節でホッフェンハイムと対戦したバイエルンだが、25分までに2失点。36分にMFヨシュア・キミッヒのゴールで1点を返したものの、後半にも2失点を重ねて、1-4の完敗を喫した。 昨季から続いた公式戦無敗が「32」でストップしたフリック監督。試合には上手く入れたと語りながらも、完敗であったと認めた。 「今日は対戦相手に簡単にチャンスを作らせすぎた。我々はいつも通りの効果的な攻撃ができなかった」 「だが、試合には上手く入れていた。チームを責めることはできない。彼らは戦い、全力を尽くした。私は敗北を受け入れる」

超WORLDサッカー!

【関連記事】