Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年の夏はリスク増!? ゴルフの熱中症対策に今年は「扇風機付き傘」が登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

新型コロナウイルスの流行を受け、新しい生活様式が推奨される昨今。一方で、マスクを着用していると熱中症リスクが高まるのでは……とも懸念されている。そうでなくても最近の夏は熱中症対策は必須ということで、最新対策グッズを紹介!

ファン付き傘にファン付きウェアが最強!?

気象庁によると、今年の夏(6~8月)の気温は「平年並か高い」ようだ。つまり、今年の夏もすごく暑いということだろう。 夏の暑さは年々厳しさを増すように感じられるが、それに伴い熱中症対策グッズも年々進化している。帽子やサングラスはもちろん、冷感ウェアに氷のうなど、夏ゴルフに取り入れているという人も多いはずだ。 昨年は携帯式の扇風機も話題となったし、男性でも日傘を差すのが推奨されるようにもなってきた。そして、この夏の暑さ対策として量販店大手のつるやゴルフが発売したのが「アクセル ファン付き銀バリ傘」だ。傘の内側に“銀バリ”することで太陽光を遮り、搭載した扇風機で涼を得るという、なんというか、名前そのまんまの性能を持つ傘だ。 完全遮光、UPF50+、UVカット99.9%以上というスペックは魅力的。当然すぎるほど当然だが、雨が降れば雨も防げる。夏場の体力消耗を防げるし、日焼けを嫌うゴルフ女子にも良さそうだ。

ファンといえば、キャロウェイアパレルからはファン内蔵のベスト「キャロウェイ ファンベスト」が新発売されている。これは、ファンから取り入れた空気で、ベスト内の熱と湿気を外に逃がすことにより、汗を気化させる気化熱冷却効果が期待できるというウェアで、スタイリッシュなデザインも魅力だ。 ファン付きウェアを着て、ファン付き傘を差す。マスク着用が“新しいゴルフ様式”として定着するのであれば、これくらい徹底した熱中症対策が必要となる……か?

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】