Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島 民家に土砂流入、2人死亡 55歳男性と84歳母親か

配信

中国新聞デジタル

 活発な梅雨前線の影響による大雨で、中国地方では14日、土砂災害や河川の氾濫が相次いだ。広島県東広島市では崖崩れで民家に土砂が流れ込み、2人が死亡した。 【動画】各地で土砂崩れ・河川氾濫  14日午前6時ごろ、東広島市河内町宇山で「崖崩れが発生した」と市消防局に通報があった。市などによると、住宅の裏にある道路ののり面が崩れ、木造2階建ての1階部分に土砂が流入した。この家に住む親子2人が巻き込まれたとみられる。  市などによると、親子は倉兼茂実さん(55)と母親の千代子さん(84)で、2人暮らし。発生直後に救助隊が駆け付けた時点で男性の声を確認したが、その後に再び崩落が起き、連絡が取れなくなった。同日夕、男性の死亡が判明。同日深夜、民家内にいた女性1人の死亡が確認された。現場の民家と裏山は、広島県が指定した土砂災害特別警戒区域にある。

中国新聞社

【関連記事】