Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後輩消防士に大量の唐辛子入りカップ麺を強要…パワハラ行為で消防署職員6人を懲戒処分 香川・仲多度南部消防署

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KSB瀬戸内海放送

 同僚の消防士に唐辛子を大量に入れたカップ麺を食べさせるなどのパワハラ行為をしたとして、香川県の仲多度南部消防本部が職員6人を懲戒処分しました。

 パワハラ行為をしたとして停職や減給、戒告の処分を受けたのは、仲多度南部消防署の消防司令補ら6人です。  このうち、停職3カ月の処分を受けた20代の男性消防士は、後輩消防士に対して食べきれない量の弁当を無理やり食べさせたり、ミスをした時に罵声を浴びせたりしていたということです。

 このほか、40代の男性消防司令補らも同じ後輩消防士に対して先輩をからかうよう強要したり、夜食のカップラーメンに大量の唐辛子を入れたりしていたということです。  今年7月に匿名の通報があり発覚しました。  また、仲多度南部消防本部は、監督する立場だったとして消防長ら管理職6人も戒告などの処分としました。

【関連記事】