Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三遠ネオフェニックスに『ブレない軸』を、ベテラン岡田慎吾の挑戦「キツいことをやらないと勝てない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「ただただ練習に没頭しよう、そうするしかなかった」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE 三遠ネオフェニックスは苦しい時期を迎えている。Bリーグ初年度はチャンピオンシップ進出を果たしたものの、その後は年々勝率を落とし、今シーズンは5勝36敗、勝率わずか12.2%という屈辱の結果に終わった。チーム最年長の岡田慎吾は「良かった部分を探すのが難しい」と振り返りながらも、最後は自信を取り戻してシーズンを終えている。変化のきっかけとなったのはセルビア人コーチのウラジミール・ヨヴァノヴィッチ。彼がシーズン途中から加わったことで、チームの雰囲気は上向きに転じていた。その彼は新シーズンからアドバイザーとして三遠の浮沈の鍵を握る。「勝ちグセを取り戻すチャンス」と語る岡田に、その意気込みを聞いた。 ──今シーズンは三遠にとって内容も結果も非常に厳しいものになりました。その中で収穫を挙げるとすればどこですか?  正直、良かった部分を探すのが難しいぐらいです。勝ってナンボですから、これだけ結果が出ないのは精神的にキツかったですね。その中での手応えとしては、シーズン中盤から練習の取り組み方が変わり、その成果が少しずつですが表れ始めていたことで、中断前は自信を持って試合に臨めるようにはなっていました。 きっかけはセルビア人のヴラデさんがアドバイザリーとして入ったことです。河内(修斗)ヘッドコーチとヴラデさんでかなり綿密な話し合いがあって、そこで決まったことをチームに落とし込んだ感じです。練習のやり方や試合での約束事を少しずつ変えて、それがチームにフィットしました。一番は練習に取り組む姿勢で、厳しさ、激しさ、緊張感という部分が一気に変わりました。 ──オフェンスやディフェンスで「ここが変わった」という部分はありますか?  そこはヘッドコーチとの話し合いで、大きな変化はなかったんですけど、練習はキツくなりました。求められるインテンシティレベルが上がり、シーズン中であっても5対5をやる時間が長くなったので。ただ、その成果が実際に試合にも少しずつ表れたので、そこにみんな手応えを感じました。 あれだけ負け続けた経験がないので、何をやったらいいのか、これで勝てるようになるのか、みんな不信感というか不安があったと思います。僕も、自分に対してもチームに対しても信じきれない部分がありました。もちろん、その時も一生懸命だし、100%向き合って何とか勝てるようにと練習をしていましたが、不安がある中でやっていたのが正直なところです。 土日で気持ちが折れて、月火と落ち込んで、水木で盛り返して金曜に「よし、やるぞ」という感じ。ですが、試合で勝てなければまた落ち込むことになります。勝てなかった時期、僕はただただ練習に没頭しようと考えていて、そうするしかなかった感じです。クロスゲームにすらできない状況だったので、もう相手の戦術どうこうではなく、まず自分たちのやるべきことを遂行することが第一だと思っていました。そこにはやっぱり不安や焦りがありました。 ──シーズンが終わって冷静に振り返ると、「こうすれば良かった」というのが分かるのでは?  やっぱり、キツいことをやらないと勝てないですね。ヴラデさんが来たことで練習の雰囲気がピリッとして、毎日の練習に行くのがちょっと億劫になるぐらいの厳しさなんです。それを毎日、2時間なら2時間みっちりやる。それだけで試合で良い部分が出るようになりますから、やっぱりそういう厳しさが必要だと思わせられました。僕たちも日々真剣に向き合っているつもりでいたんですが、ここ数年でその厳しさが少しずつ失われていたのかな、と思います。 だから今も早くチーム練習が始まってほしいんですよね。僕自身はほとんど休んでいなくて、体育館が使えない時も午前中は家でトレーニングして午後から近くの公園を走ったり、芝生を見付けてアジリティトレーニングをしたり。今は体育館が使えるようになったので週6で練習してます。年齢も多分あるとは思うんですけど、放っておいたら落ちる一方なので、休むのが怖いんですよね。

【関連記事】