Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

折れた/潰れたボルトはタガネで細かく叩いて抜き取る【PBスイスツールズ】

配信

WEBヤングマシン

走って楽しむだけではなく、バイクを「いじって楽しむ」サンデーメカニックなら、ボルトを折ってしまった!! という事態に遭遇したことがあると思うが、そんなときにも慌てず焦らず。エキストラクターを使う前に、タガネを使って細かく叩いてみよう。 【関連写真×枚】折れた/潰れたボルトはタガネで細かく叩いて抜き取る〈PBスイスツールズ〉

PB SWISS TOOLSの「タガネ」は切れ味シャープ!

自称サンデーメカニックなら、誰でも一度や二度は、ボルトを折ってしまったことがあるはずだ。ここでは、ボルトが折れてしまったときに、どうしたら良いのか? その修復実践に関するヒントを書きならべてみよう。 まず知っておきたいのは、どのような状況で折れてしまったのか?である。締め付けていた途中で折れたのか? 逆に、緩めていたときに折れてしまったのか? 一般的に、締め付け中にトルクを掛けた結果「折れてしまった」ケースなら、ボルトは比較的容易に抜き取ることができる。 しかし、ボルトを緩めている途中に「折ってしまった」場合は、覚悟が必要だ。締め付け途中ならボルトの金属疲労が多くの原因だが、緩めている途中に折れるのは、ネジ山へのサビやゴミ噛みが原因で、ボルトとネジ山が焼き付いてしまい、折れてしまったからだと考えられる。 折れたボルトを抜き取るために誕生した「エキストラクター」という工具には、様々なタイプがある。しかし、これらの工具はひとつ間違えると最悪のパターンになってしまうことも知っておきたい。頑張った挙げ句、エキストラクター自体を折ってしまうことが実は多いのだ。大切な部品でトラブった場合は、最初から諦めて内燃機業者に「折れ込みボルト抜き」を依頼するのがベストだろう。 急ぎで何とかしたい場合(ボルト折れの状況にもよるが)は、「タガネ」を使ってハンマーで叩いて、ボルトを緩め抜くという方法もある。そんなタガネでお勧めなのが、PBスイスツールズの各種商品である。極細で先端が鋭く使いやすいタイプは、グリップ部や軸本体が太く、ハンマーで叩きやすい。何よりPB社製品は、「タガネ」のラインナップが素晴らしい。 サンメカなら数種類は常に手持ちしていたいものであり、その素晴らしさに感謝したくなる日が必ず来るはずだ。

【関連記事】