Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<キャップ革命 ボトルマン>話題の“BM”はビーダマンではなかった!? ペットボトルキャップのシューティングホビー誕生 ゴミが宝物に!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 タカラトミーが、ペットボトルキャップを発射するシューティングホビー「キャップ革命 ボトルマン」シリーズを10月から展開することが9月15日、分かった。同社は、新プロジェクト「BM」を始動し、9月10日に玩具のシルエットを公開していた。シルエットが公開されると、SNSでは、タカラ(現タカラトミー)がかつて展開していたビー玉を発射する玩具「ビーダマン」シリーズが「復活するのでは!?」という声が続々と上がり、ツイッターで「ビーダマン」がトレンド入りしたことも話題になった。「BM」は「ビーダマン」ではなく「ボトルマン」であることが発表された。 【写真特集】「ビーダマン」じゃない 衝撃の「ボトルマン」 ギミック満載 斬新な遊び方も 写真を一挙公開

 ◇市販のペットボトルのキャップで遊べる

 「ボトルマン」は、ペットボトルキャップを発射してさまざまな競技を楽しめるシューティングホビー。市販のペットボトルのキャップや専用キャップを弾として装填(そうてん)して、後方のトリガーを押し込むことで、キャップが発射される。構造自体は「ビーダマン」にも似ている。

 第1弾として、パワータイプの「BOT-01 コーラマル」、連射が可能はスピードタイプの「BOT-02 アクアスポーツ」、コントロールタイプの「BOT-03 ギョクロック」(各800円、税抜き・以下同)、バトルフィールド、限定カラーのコーラマルなどのセット「BOT-04 ボトルマン デジタル対戦セット」(4980円)、専用のバトルキャップ「BOT-05 ボトルマン公式キャップ」(300円)が10月24日に発売される。

 「デジタル対戦セット」は、フィールドを組み替えることで、個人競技のバスケット、スナイパー、ボウリング、ストラックアウト、ロングターゲット、対戦競技のロングバトル、ターゲットシューティング、プッシュボトル、バトルスナイプ、PKをプレーできる。ニンテンドースイッチ用ソフトの無料ダウンロードコードも付き、ニンテンドースイッチと連動した“デジタルバトル”も楽しめる。

【関連記事】