Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ新薬開発現場で異変 試験用のサルが不足で争奪戦に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 新型コロナウイルス特効薬が待たれる中、新薬開発の現場で、ある異変が起きている。試験用のサルが不足しているのだ。業界紙記者が語る。

「最先端のがん治療薬など複雑な薬、感染症治療薬・ワクチンは、臨床試験前にヒトと同じ霊長類であるサルでの試験が必要です。近年はバイオベンチャーの参入が相次いでおり、試験用サルの需要が高まる半面、供給が追いついていません」  そもそも、どんなサルが、どのような実験に使われているのか。 「小型で扱いやすく繁殖させやすいなどの理由からアカゲザルやカニクイザルが使われます。この2種は100年近く前から使われており、過去の試験データと比較しやすいメリットがあります」(同前)  他にも動物試験にはマウスやウサギ、ブタなどが使われるが、がん治療薬などヒトの生体分子にピンポイントで作用する薬剤の効能・安全性を確かめるには、ヒトに近いサルでなければ十分なデータが得られないという。試験用サルは「1匹あたり30万~50万円で取引される」(日本実験動物協会広報)というが、どんな調達ルートがあるのか。

「日本では繁殖されておらず、輸入に依存しています。主な原産国は中国、カンボジアなど。製薬会社が動物試験を委託する会社があり、そこが輸入されたサルを購入、飼育しています。現在のサル不足には、最大の供給国・中国が輸出を絞っているという側面がある。中国国内で創薬などの科学研究が盛んになり、サルの自国消費が増えたことが理由のようです」(同前)  新型コロナ治療薬として承認されたレムデシビルは、承認前、米国でアカゲザルを用いた実験が行なわれていた。日本でも、滋賀医科大学がカニクイザルで新型コロナ感染症を再現する実験に成功した。  人類と新型コロナの戦いに欠かせない試験用サル。ここでも深刻な米中対立が噴き上がっている。 ※週刊ポスト2020年9月11日号

【関連記事】