Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

帝京長岡、富山第一などが鎬を削るプリンスリーグ2020北信越

配信

高校サッカードットコム

 全国を北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州の9地区に分けて行う高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020が4月に開幕を迎える。  10チームが出場する高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020関西はホーム&アウェイ方式の総当たり2回戦(各チーム18試合)を実施する。優勝チームは、プレミアリーグ昇格を掛けたプレーオフ出場権を獲得。 また、下位2チームは、次年度県リーグへ自動降格する。  2020シーズンは2019年シーズン同リーグ優勝、全国高校サッカー選手権大会でも活躍した帝京長岡(新潟)を始め、富山第一(富山)や丸岡(福井)など実力者が揃う。ユースからはアルビレックス新潟U-18(新潟)とカターレ富山U-18(富山)に昇格組の松本山雅FC U-18(長野)とツエーゲン金沢U-18(石川)などが鎬を削る。2020シーズン編成は以下の通り。 ▽出場チーム※()内は前回大会順位 帝京長岡(新潟 / 1位) 富山第一(富山 / 2位) 丸岡(福井 / 3位) アルビレックス新潟U-18(新潟 / 4位) 北越(新潟 / 5位) 星稜(石川 / 6位) 新潟明訓(新潟 / 7位) カターレ富山U-18(富山 / 8位) 松本山雅FC U-18(長野 / 昇格) ツエーゲン金沢U-18(石川 / 昇格)

【関連記事】