Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【イラストで振り返る】これまでにも、感染症が人類の歴史を大きく動かしてきた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

見通しのつかない、病原性微生物と共に生きる未来。先人たちの轍を辿れば、学ぶべきことがあるはずだ。

1. 狩猟採集時代

ヒトは約20万年前にアフリカ大陸で誕生。その後、世界各地に散らばっていくが、誕生当時から病原性微生物による感染症はあった。 原始時代のヒトは、数百人規模の小さなコミュニティを保ち、移動しながら動植物を得る狩猟採集の生活をしていたと考えられる。このような小規模な集団では感染症は単発に留まり、滅多に大流行を起こさない。また、つねに移動しているので環境汚染の影響は最小限に留まり、感染症の原因となる糞便に接触する機会も少ない。原始時代というと不潔で不健康な時代という先入観を抱きがちだが、意外に健康的な生活だったのかもしれない。 そうした状況下でも蔓延していたと考えられるのは、ハンセン病、マラリア、住血吸虫症、炭疽症、ボツリヌス症といった感染症。 狩猟採集時代と感染症 蚊やハエなどが媒介となり、ヒトにも野生動物にも感染する人獣共通感染症は、狩猟採集時代にも多く見られた。 ハンセン病は、らい菌の感染で起こる。感染者の体内で数年から数十年にわたって感染力を維持するため、広がりやすい。マラリア、住血吸虫症はヒト以外の野生動物にも感染する人獣共通感染症で、動物から繰り返しヒトに感染する恐れがある。同じく人獣共通感染症の炭疽症とボツリヌス症は、感染した動物の毛皮や肉などからうつる経路がある。 そして今から1万1000年ほど前、ヒトと感染症との闘いは大きな転換点を迎えた。 「それは農耕の開始、定住、野生動物の家畜化によってもたらされました」(長崎大学熱帯医学研究所の山本太郎教授)

2. 農耕と定住

農耕と定住により、人類の数は爆発的に増える。農耕で安定的に食べ物が生産できるようになり、定住で移動の手間が省けると育児が十分できるようになったからだ。 農耕と定住によって生まれたのが古代文明。メソポタミア文明、インダス文明、中国文明、エジプト・ギリシャ文明がその代表である。 年表に見る感染症の歴史 人びとが家畜とともに働き、暮らすようになって接触機会が多くなると、動物由来の感染症に罹るリスクも上がってくる。 農耕と定住の開始には負の側面もあった。 人口が増えて密集して定住すると、感染症の流行が恒常化する条件が整う。一か所に長く留まる生活は環境を悪化させて、糞便に触れる機会が増えることで寄生虫感染も増えた。 農耕で生み出された余剰の食べ物は、ネズミなどの小動物の餌となり、ネズミと共生するノミやダニは感染症の運び屋となる。後述するペストもネズミのノミが広めたものだ。 野生動物の家畜化はさらに感染症を増やす結果を招く。牛や馬は耕作面積を広げて農作業の効率を上げたし、その糞便は農地の肥料となって肥沃化を助け、酪農も可能にした。それは人類の成長にとって望ましいことだったが、家畜化は動物に起源を持つ病原体がヒトにうつるきっかけにもなる。天然痘はもともと牛の感染症。麻疹は犬、インフルエンザはアヒルの感染症にルーツを持ち、そこからヒトへ伝播したものだ。

【関連記事】