Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“アフターコロナ”の行動変化を予測するには? 顧客に「直接」聞いてみる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

新型コロナウイルスの流行は、マーケティングにも不可逆な変化を強いています。顧客体験のこれからを、数値ではなく生活者のナラティブ(語り)から読み解くと……? コレクシアの村山氏が解説する集中連載。(第1回)  

生活者の行動が変わった今、マーケターがすべきことは

すでに多くのマーケティング担当者は、新型コロナウイルスの影響によるさまざまな生活者行動の変化を目の当たりにし、その対応を進めている最中であると思います。 博報堂生活総合研究所が発表した、「第1回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年4月)によると、以前と比べて生活者は大きく不自由を感じ、旅行やレジャー、交友を控えるなどといった行動の変化が表れていることが報告されています。 マーケターが目にする自社ブランドの顧客動向や、自分自身に及んだ変化を顧みても、コロナ禍が生活者の行動を大きく変えたことは誰しもが実感していることでしょう。 生活者の行動が変化したことで、現在多くのマーケターが今まで予定していたマーケティング活動の変更を余儀なくされ、対応に追われています。ですが数か月か、半年か、1年以上かはまだわかりませんが、いつかコロナ禍が過ぎ去り世界が平穏になる時は訪れるでしょう。 しかし、コロナ禍が過ぎ去った後、世界は何もかも元通りになるでしょうか。マーケターはコロナ禍が過ぎ去った後は、元々予定していたマーケティング活動を、今まで通りの戦略でそのまま再開すればよいでしょうか。おそらくその答えはNOです。コロナ禍は不可逆な変化を生活者にもたらし、マーケターは顧客の捉え方を見直す必要に迫られます。  

日本人の約半数が戻れない変化を自覚している

生活者に及んだ変化は、コロナ禍が過ぎ去った後も残り続けるのかを調査した結果を紹介します。「あなた自身の『商品の購入方法や購入頻度、商品を選ぶときの基準や選び方』に変化はありましたか。」という質問を、日本全国20~69歳の男女を対象にアンケート調査を行い、集計しました。

【関連記事】