Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桜庭ななみ、リモートでの出会いは「普通に会うよりも緊張してしまいそう」“朝ドラ”出演後の反響も語る

配信

ザテレビジョン

桜庭ななみと松下洸平が出演する完全リモート制作のドラマ「ホーム・ノット・アローン」(NHK総合)が、5月30日(土)夜2時5分~2時15分に放送される。 【写真を見る】桜庭ななみ、リモートドラマでかわいすぎるファッションショーを披露! 同番組は、連続テレビ小説「スカーレット」(2019年10月~2020年3月、NHK総合)のスタッフと出演者による“リモートドラマ”。5月18日~23日にNHKの関西地域で先行放送されたショートドラマ全5話を1本に再編集し、全国放送する。 在宅勤務中の一人暮らしのマンションのドアが壊れ、部屋に閉じ込められてしまったアパレル会社の女性・田中くみ子(桜庭)と休業中の居酒屋店員・常林(松下)が、ひょんなことからテレビ電話を通じて出会い、距離を縮めていく姿を描く。 WEBサイト ザテレビジョンは、桜庭にインタビューを行い、くみ子を演じた感想やリモートでの撮影の苦労などを聞いた。 ――リモートドラマのオファーが来たときには、どのように感じられましたか? すごくうれしかったです!この外出自粛期間は撮影もできなくて、私も何もできない期間が長かったので…。こうやってリモートドラマを皆さんに届けられることができたのは、うれしいですし、落ち込んでいる人の心の支えに少しでもなれたらなと思えたので、参加できてよかったです。 ――今回、田中くみ子を演じてみて、いかがでしたか? 今回は、外出自粛期間となり、自分の仕事が不要不急だったのではないかと思い悩んでしまう女性を演じました。そのように悩まれた方も、たくさんいらっしゃると思うので、その方たちの気持ちを代弁し、世の中に伝えることができたのはよかったです。皆さんに共感してもらえるところもあるのではないかと思います。 ■ 桜庭ななみ「本当にテレビ電話をしているようだったので、とてもリアルでした」 ――リモートドラマに参加されてみての感想や、これからの撮影に生かせることは何かありますか? 新しい形のドラマができたなと思いますし、カメラや小道具のセッティングなど、自分で担当したので、すごく新鮮で面白かったです。 撮影は、とてもリラックスできるような環境でしたので、普段とは違う感覚でお芝居しました。また別のドラマなどの撮影でもその新鮮さやリアルな気持ちが、生かすことができればと思います。携帯で自撮りをするというのも不思議な感覚で、本当にテレビ電話をしているようだったので、とてもリアルでした。 ――リモート撮影ならではの苦労されたことはありますか? 実際のドラマや映画の撮影だとその道のプロの方たちがカメラのセッティングや小道具の準備などをしてくださるのですが、今回はそれを簡単にではありますが、自分たちでやらなくてはいけませんでした。その中で、電気のつけ忘れや、映り込みだったり、そういうリモートならではの細かいミスとかがありましたね。 ――今回のリモートドラマへのご出演は「スカーレット」からつながったのではないかと思うのですが、“朝ドラ”へ出演されての反響はいかがでしたか? これまでは、街で歩いているときやインスタグラムのコメントには「ななみちゃん、応援しています!」などの応援コメントをいただくことが多かったのですが、「スカーレット」に出演してからは「直子だ!」とか「直子大好きです」という役名で声を掛けていただくことや、コメントをしてくださる方が多くなりました。 その役を愛してもらえたことを実感することが多くなって、「スカーレット」の撮影期間と放送期間を通して、本当に直子の人生を演じることができたなと実感することができたので、演じることができてよかったなと思います。 ――松下洸平さんとの共演はいかがでしたか? 「スカーレット」では、長い間“義理のお兄さん”としてお芝居をしていたので、とても不思議な感覚でした。お姉さんの旦那さんという感覚がまだあったので、お芝居しているときは少しドキドキしました(笑)。 「スカーレット」の中で、松下さんが演じられていた八郎さんはとても魅力的な役だなという印象を受けていたのですが、あまり共演する機会がなかったので、今回リモートドラマでご一緒できてよかったです。 ■ 桜庭ななみ「お料理にチャレンジしたり…」 ――私たちのようなメディアやエンタメの業界も“不要不急”の仕事なのではと考えるのですが、この外出自粛期間を経て、桜庭さんご自身は仕事への向き合い方は変わりましたか? そうですね、外出自粛期間となる前に撮影をしていたものもストップしてしまったので、今まで私たちが頑張ってきた仕事って不要不急だったのかな?と、くみ子のように考えることもありました。 ですが、このドラマを通じてくみ子の「よし、頑張ろうっていう時まで力を蓄えておこう」という言葉がすごく私の心に響いたので、この外出自粛期間を通して以前よりももっといい作品を作れるようにしようと思えるようになりました。 ――外出自粛期間にやっていたことなどはありますか? 皆さんがやっていたような大掃除だとか、お料理にチャレンジしたりとか、あらすじを知っているからこそ見ていなかった映画をもう一度見たりとかしていました。 ――今作では男女がリモートで出会い、距離を縮めていきますが、桜庭さんはリモートで初めて出会うことにどのような印象をお持ちですか? リモートで出会うのって普通に会うよりも緊張してしまいそうですよね。実際に会うと、全身が見えたりとか、その人の気持ちが伝わってきたりすると思うのですが、画面を1枚挟むことによって、つい自分もきれいに見せてしまうというか、何か一つ隠しちゃうというか…。 相手には画面上で良く見せたいって思ってしまいますし、言葉遣いも電話だと丁寧に話そうと意識するけど、実際に会ってみると砕けることもあると思いますし。だからこそ実際に会うときのドキドキにつながるのかなって思います。実際にはどうなんですかね?(笑) ――最後に読者へメッセージをお願いします。 「スカーレット」の公式Twitterとか見て、皆さんが「全国放送してください!」って言ってくださっていたのを拝見して、とてもうれしかったです。外出自粛期間中に皆さんが考えたことと、くみ子や常林さんが考えたことは、似ているところがあるのではないかと考えるので、このリモートドラマを見て元気になっていただけたらと思います。あとは、リモートドラマならではの雰囲気やカメラのアングルなども“新しいドラマ”として楽しんでほしいです。(ザテレビジョン)

【関連記事】