Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

市立尼崎が5発!期待の世代が躍動

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 兵庫県リーグ1部4節が30日に神戸弘陵フットボールセンターで行われ、神戸星城と市立尼崎が対戦。MF成藤奨悟(3年)の先制点を皮切りに5点を奪った市立尼崎が快勝した。 【フォトギャラリー】神戸星城 vs 市立尼崎  今年の市立尼崎は、2017年のインターハイ出場を見て入学を決めた有望株が多い期待の世代。前節こそは神戸弘陵に大敗を喫したが、「弘陵戦でやられた分まで取り返せる分まで得点を意識した」(FW藤井琉馬、3年)今節は持ち味の攻撃陣が躍動した。テンポの速いボール回しから、MF古高裕士(3年)とMF小林諒(3年)の両翼によるサイド突破と、力強い藤井の動きで序盤からチャンスを作ると、前半9分には相手エリアでFKを獲得。DF西畑壱之伸(3年)がゴール前に入れたこぼれを成藤が決めて先制に成功した。11分には、左を突破した古高のパスをニアに走り込んだ藤井が合わせて2点目をマーク。15分には、MF中多風雅(3年)のサイドチェンジから古高がフリーでクロスを入れると、中央の中多が頭で合わせて一気にリードを3点差まで広げた。  23分にも藤井がゴールをマーク。躍動する攻撃陣と共に守備も、「前節からの1週間で守備を修正しようと話していた。運動量とか球際の部分が緩んでいたので、運動量や声を意識して練習してきた」(古高)成果が実り、神戸星城に決定機を与えない。29分にはサイドを崩され、MF松浦謙太郎(3年)にシュートを打たれたが、クロスバーに助けられるなど運も味方につけて前半を終えた。

 「点差を広げて、サブ組を交代で試合に出そうと皆で話していた」(藤井)市立尼崎にとっては理想的な試合展開で、後半からは7人が途中出場でピッチに立った。後半9分にはPAの左外から藤井がゴール前に入れたパスをMF長綱優(2年)がシュート。25分には左を攻め上がったDF山田彗矢(2年)がシュートを放つと、こぼれ球をMF岡本将宗(3年)が反応したがサイドネットに終わった。  対する神戸星城は主力の怪我や3年生の進路指導のため思うようなトレーニングができないまま今節を迎えた。「掲げる理想に拘りすぎて、変にはまってしまった」と柏木佑介監督が振り返った通り、後方からパスを繋ごうとするも上手く前に運べず立て続けの失点でリズムをつかめないまま試合が進んだ。それでも意地を見せ後半36分にはMF利國羽琉(3年)のパスから、FW長谷川怜皇(2年)がゴールを狙ったが、再びクロスバーに嫌われた。すると、試合間際に市立尼崎のFW金高晴哉(3年)に5点目を許し、タイムアップを迎えた。  今年の市立尼崎は3年生が入学するきっかけとなったインターハイは中止となったが、その分選手権にかける想いは強い。ハマった時の攻撃力はこの日の得点力で実証済み。試合ごとの波が無くなれば冬の躍進も十分にあり得るはずだ。 (文・写真=森田将義)

【関連記事】