Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BLACKPINK、ユーチューブに登場すると1位「アルバムよりMV」(2)

配信

中央日報日本語版

◆女性のワナビー、ファッショニスタ=BLACKPINKはメンバーがファッショニスタで有名だ。女性ファッションブランドのシャネル(CHANEL)のアンバサダーとして活動するジェニーをはじめ、ジス(ディオールのビューティーミューズ)、リサ(セリンヌのミューズ)、ロゼ(イヴ・サン=ローランのグローバルアンバサダー)全員が有名ファッションブランドから好感を得ているセレブリティだ。先月26日、BLACKPINKのカムバックの日に合わせてインタビュー記事を報じた英国ファッション紙「ヴォーグ」は5月30日にもBLACKPINKのファッション関連記事を通じて「BLACKPINKが主なファッションショーの最前列に座って自分たちのファッションを際立たせた」とし、彼らが行事で着用したファッションアイテムとブランドを詳しく紹介したこともある。 ミュージックビデオに登場したメンバーのファッションも大きく注目を集める。特に、今回の曲では現代的に再解釈した韓服が注目を集めた。韓服を製作した「タンハ朱丹」側では「全世界で衣装に対する問い合わせと購入が続いている」と話した。 ◆ファンダムでないグローバル大衆性=爆発的なユーチューブの再生回数と比較的に低調なアルバム販売量はBLACKPINKという「剣」を説明する諸刃のようなものだ。ガオンチャートのキム・ジヌ首席研究委員は「防弾少年団(BTS)などK-POPアイドルが強力なファンダムを構築してから勢いを拡大したこととは違い、BLACKPINKは出発から国内領域を抜け出してグローバル大衆性を目指す戦略を使った」と説明した。 実際に、アルバムの初動販売量では1・2位となったIZ*ONEはユーチューブのミュージックビデオ再生回数では1億件を超えた曲が『La Vie en rose』(1億2791万件)だけだ。IZ*ONEの曲の中で音楽番組で最も多く1位に上った『Violeta』(7回)もユーチューブの再生回数は6592万件にとどまった。韓日両国の市場に集中するIZ*ONEとグローバル市場を攻略するBLACKPINKの差が著しく現れる部分だ。また、デビューから早目にガールクラッシュのルックスを披露したのも韓日のファンよりは欧米市場を狙ったポイントの中の一つだ。 グーグルトレンドを通じてBLACKPINKを検索しても韓日よりは東南アジア諸国で強気を見せる。『How You Like That』のユーチューブ検索量も同様に東南アジアや欧州などでさらに高い集中度を見せた。 キム首席委員は「タイ出身のリサだけでなく、ロゼとジェニーなどが海外経験で英語の疎通が自由で、BLACKPINKが欧米ポップに近い音楽スタイルを追求するという点もこのような現象に寄与している」と説明した。

【関連記事】