Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型iPhone、最速5G対応は12 Pro Maxのみ? コロナ禍で急遽予定変更か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 Appleから今秋リリースされる予定のiPhone 12シリーズは、全4機種が最新の5Gに対応すると言われている。これまでのリーク情報では、上位2モデルが最速の5Gに対応すると伝えられてきたが、一転して1モデルのみで、出荷地域も限定的になる可能性が急浮上した。 【写真】iPhone12とされる新たなデザインのリークも ・主な要因は「生産」と「5Gインフラ整備」2つの遅れ  第5世代移動通信システム(5G)には、2つの規格がある。最高速の「mmWave」は、主要都市といった密集した地域で使用される。「Sub-6 GHz」は、スピードでやや劣るものの4Gよりは速く、長距離に対応可能でコストパフォーマンスが高い。都市部はもちろん、郊外、農村地域でより広く利用される(参考:https://www.macrumors.com/2020/09/01/kuo-mmwave-5g-iphone-shipments-weak-2-years/)。  Apple内部の情報に通じるTF International Securitiesの著名アナリストであるミンチー・クオ氏は、2020年~2021年にかけて、mmWave 5G対応の iPhoneの出荷は予想を下回る可能性が高いと報告している。  具体的には、mmWave対応5G iPhoneの出荷予測は、予想よりも大幅に少なくなる可能性が高いという。したがって、2020年と2021年のmmWave対応iPhoneの出荷数は、それぞれ約400万~600万台と2500万~3500万台と予測され、当初の市場予想である1000~2000万と4000万~5000万台を下回っているという。  その理由は、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響が大きいという。その煽りでmmWave部品の生産に遅れが出ているという報道は、以前にもあったが、Appleがこの決断に至った理由は、それだけではないという。  世界中で、mmWave 5Gに対応する基地局の敷設が立ち遅れているというのだ。高機能の端末を持っていても、5Gネットワークのインフラ整備が遅れている国では、宝の持ち腐れになることをAppleは、見越しているようだ。  時期をずらして2021年には、4GのiPhone 12モデルがリリースされるという噂もある。同様の理由で、地域によっては、まだまだ現役で使えて、コストも抑えられるからだ。 ・気になる出荷地域、日本は対象  最高速mmWave 5G対応のiPhone 12モデルが出荷される地域は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、日本といった主要市場で、その他の国々では、Sub-6 GHz対応モデルのみを出荷する見通しだとクオ氏は、以前に述べていた。この点に、変更はあるのだろうか。  『Fast Company』は、mmWave 5Gに対応するのは、アメリカ、韓国、日本向けのiPhone 12 Pro Maxのみだと報じている(参考:https://www.fastcompany.com/90546391/source-only-one-of-apples-new-iphones-supports-the-fastest-5g)。  かなりスマホ先進地域に限定されている。幸いにして、本邦では、mmWave 5G対応のモデルが手に入る模様だ。  同メディアはまた、mmWaveは、特別なアンテナ設計が必要で、電力消費も大幅に増すため、より大きなバッテリーが必要となり、その結果として、6.7インチと大型のiPhone 12 Pro Maxがトップバッターに適任だと判断されたという、関係者筋の話を伝えている。  iPhone 12 Pro Maxは、1099ドルからになると言われている。

Nagata Tombo

【関連記事】