Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FC東京下した鳥栖が今季初勝利!柏はオルンガが4戦7発目で4連勝、鹿島エヴェラウドもハットトリック

配信

GOAL

明治安田生命J1リーグは1日に第8節の8試合が各地で行われた。サガン鳥栖が初勝利を収めたほか、柏レイソルが4連勝、首位・川崎フロンターレが7連勝を飾っている。 【J1】第8節 試合結果・スタッツ一覧 ■仙台 0-1 横浜FM ベガルタ仙台が昨シーズンの王者横浜F・マリノスをホームに迎えた一戦。横浜FMは負傷により開幕節以来出場がなかった守護神・朴一圭を先発させた。互いに激しい攻防が続く展開となるなかで朴一圭は幾度か目立ったシュートストップを見せるが、攻撃陣はなかなか期待に応えることができない。それでも95分、左サイドからのクロスに反応したマルコス・ジュニオールがボックス内フリーでボールを捉え、土壇場の決勝点とした。この結果、仙台は6戦連続で未勝利となっている。 ■横浜FC 0-2 広島 前節対戦が予定されていた名古屋グランパスに新型コロナウイルスの陽性者が出た影響で試合が中止となり、消化試合数がひとつ少ないサンフレッチェ広島は直近4試合勝利がないが、この試合では22分に先制。ボックス内でボールを受けた森島司が倒れ込みながらもシュートを放ってネットを揺らした。さらにセットプレーの流れからドウグラス・ヴィエイラが決め、前半中に横浜FCに2点差をつける。そして、試合はこのままのスコアで終了。広島が5試合ぶりの勝利を飾った。 ■名古屋 0-1 柏 新型コロナの陽性者が出た影響で1試合消化試合が少ないものの、今シーズン無敗、3連勝中の名古屋グランパス。対する柏レイソルも前節オルンガがハットトリックを決めるなど直近3試合計12得点で3連勝しており、好調同士の対戦となった。 試合が動きを見せたのは後半。71分、得点ランキングトップに立っているオルンガが江坂任の中距離のパスにダイレクトで合わせ、4戦連続となる得点を決めた。その後、名古屋が追いつくことはなく試合が終了。柏が4連勝を飾った一方、名古屋は初の敗北を喫した。 ■浦和 1-1 清水 前節3試合ぶりに勝利した浦和レッズと前節今シーズン初白星を飾った清水エスパルスによる一戦は、スコアレスで前半を終了。後半に入ると、ギアを上げた浦和が先制点を奪取する。54分、スローインの流れからボックス内までボールを運んだレオナルドが右足でネットを揺らした。しかし、そのまま試合が終わるかに思われた86分、中村慶太が供給した右サイド深い位置からのクロスにヴァウドが頭で合わせて同点に。1-1でフルタイムとなり、浦和は連勝を逃す結果となった。 ■FC東京 2-3 鳥栖 今シーズン未勝利が続く唯一のチームとなっている鳥栖だが、序盤から攻勢に出てFC東京ゴールを脅かしていく。30分、右サイド深い位置から樋口雄太が入れたグラウンダーのクロスに合わせにいった内田裕斗がミスキック。結果的にタイミングをずらした形となり、その背後にいた石井快征が2戦連続での得点を記録する。39分にはレアンドロが直接FKを決めてFC東京が追いついたが、前半終了間際に森下龍矢が左足の強烈なミドルを突き刺して鳥栖が勝ち越してハーフタイム突入した。 さらに56分、右CKの流れからゴール前の趙東建が左足のボレーを叩き込んでリードを広げる。終盤の86分にはGK高丘陽平のクリアが中途半端になって原輝綺の背中に当たりオウンゴールでFC東京が1点差に迫ったが、反撃はここまで。鳥栖が待望の今シーズン初勝利を手にした。 ■湘南 0-1 C大阪 守備面で向上を見せている湘南と昨シーズンから続く堅守を維持しているセレッソ大阪による一戦では、前半を0-0で折り返し。後半に入ってもスコアはなかなか動きを見せなかったが、ボックス内に走り込んだ坂元達裕が倒されてC大阪がPKを獲得。10番を背負う清武弘嗣がきっちりと決めて先制点とする。結局、この得点が決勝点となって終了の笛。C大阪が4戦無敗としている。 ■G大阪 0-1 川崎F 4連勝中の2位・ガンバ大阪が6連勝中の首位・川崎フロンターレをホームに迎えた一戦。G大阪が集中した守備とパスワークで主導権を握る前半がスコアレスで終わると、なかなか良い時間を迎えられていなかった川崎Fが後半開始早々にチャンスをものにする。三笘薫からのパスをボックス手前で受けた大島僚太が素早い振りのミドルシュートを放ち、先制点とした。その後、盛り返した川崎Fが追加点を奪うことはなかったが、G大阪に得点を許すこともなく試合が終了。川崎Fがリーグ戦におけるクラブ記録となる7連勝を飾っている。 ■大分 1-4 鹿島 大分トリニータは12位、鹿島アントラーズは17位タイと勝利を強く求める両クラブの対戦では、前半からスコアが大きく動く。6分、高澤優也がミドルシュートを決めて大分が先制。しかし15分にエヴェラウドが裏に抜け出して一対一を制し同点に戻すと、38分にもエヴェラウドがPKを沈めて前半中に鹿島が逆転する。エヴェラウドは、後半開始早々の54分にも土居聖真からのパスに反応してハットトリックを達成。さらに試合終了間際には伊藤翔がチームの4点目を決め、鹿島が3試合ぶりに白星を手にした。 ■J1第8節 試合結果 ・8月1日(土) 仙台 0-1 横浜FM 横浜FC 0-2 広島 名古屋 0-1 柏 浦和 1-1 清水 FC東京 2-3 鳥栖 湘南 0-1 C大阪 G大阪 0-1 川崎F 大分 1-4 鹿島 ・8月2日(日) 14:00 札幌 vs 神戸

【関連記事】

最終更新:
GOAL