Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「AED使ってみた」 龍ケ崎市がユーチューブ動画 まいりゅう熱演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
茨城新聞クロスアイ

救急が必要な人への対応を身に付けてもらおうと、龍ケ崎市は自動体外式除細動器(AED)の使い方をまとめた動画を作成し、動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」での公開を始めた。市職員や市マスコット「まいりゅう」が出演し、人命救助に向けた一連の流れを紹介する。 動画は「まいりゅうがAEDを使ってみた」と名付けられ、長さは2分間。救急の日(9月9日)に合わせて公開した。まいりゅうの目の前で通行人が苦しんで倒れる場面から始まる。居合わせた周囲の人たちが手分けして119番通報や心臓マッサージをする内容だ。テロップも表示され、AEDの使用を含めどのような行動を取るべきかを説明する。 市では公共施設や学校へAEDを配備しているほか、地元の流通経済大と連携した救急講習も展開。動画公開は啓発の一環という。 出演した市危機管理課の中根弘貴さん(23)は「一人でも大勢の方に見ていただき、助けられる命を救ってもらえれば」と期待を込めた。

茨城新聞社

【関連記事】