Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドラクエウォークに「タニタアルゴリズム」提供

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

タニタは、同社が蓄積してきた活動量計の中核技術である「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格的に展開する。9月12日に、第1号案件として、スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向け位置情報ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエストウォーク」に提供を開始した。 「タニタアルゴリズム」は、歩数や消費エネルギー量を表示する機器およびアプリケーションに組み込むことで、精度の高い計測結果を得ることができる計算式。 タニタは2009年4月に活動量計「カロリズム」を発売。活動量計は、内蔵した3D(3軸加速度)センサーで計測したからだの動きに加え、性別、年齢、身長、体脂肪率などの生体情報から統計学的な分析を行ない、消費エネルギー量などを推定しているが、「タニタアルゴリズム」はこの分析に使われてきたという。 タニタは、本アルゴリズムを搭載することで、さまざまなデバイスやサービスにおいて高精度で信頼性の高い活動量値を表示できるようになるとしている。今後、新たに健康領域に取り組む事業者のほか、既に歩数や活動量を活用したビジネスを展開し、より精度の高い計測結果を求める事業者に対し、パラメーターなどを用途に合わせてカスタマイズした「タニタアルゴリズム」を提供する考え。 第1号案件となる「ドラゴンクエストウォーク」はダウンロード数1,000万を突破している人気ゲームアプリ。 同ゲームアプリに登録した体重、身長、性別、年齢、体脂肪率(入力は任意)と、アプリ内で算出される歩数を基にユーザーごとに消費エネルギー量を「タニタアルゴリズム」で導きだし、アプリケーション内の画面で「消費カロリー」として表示するという。 「タニタアルゴリズム」の搭載によりユーザーはさらに詳細な健康データや健康情報を確認し、楽しみながら健康づくりができるとしている。

家電 Watch,伊森 ちづる

【関連記事】