Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

丸目×角ばったボディで超レトロ! でも中身は新しいランクル!? 「Renoca 106」

配信

MOTA

快適さは現代的に、空気感はクラシカルに。時代を経ても色褪せない普遍的なデザインがコンセプトのFLEX Renoca(リノカ)ブランド。 今回はそのリノカのリノベーションカーで人気車種の1つ「106」を紹介します。 ■これがランクル100!? 丸目ヘッドライト×角ばったボディでオシャレな「Renoca 106」の内外装を画像で見る! ベースとなるのは世界中で名実ともに認められている最強のクロスカントリー車、トヨタ ランドクルーザー100(ランクル100)。販売期間は1998年~2007年ですが、どんな過酷な環境も走りぬくタフなスペック、そして快適なドライブ体験を実現した魅力的なクルマとして、今でも人気の1台です。 そんなランクル100で、80年代に販売されたトヨタ ランドクルーザー60(ランクル60)のルックスを再現した「Renoca 106」を、写真でパラパラ見てみたいという人は必見です!

ランクル100をベースに、ランクル60を彷彿とさせる外観を再現

車の顔の印象を決定づけるヘッドライトは、ランクル60の前期の丸目2灯マスクを移植。横桟フロントグリルも含め、ランクル60の正規のパーツを換装しており、80年代を感じさせる超レトロ感。丸目だけでなく、ランクル60後期の角目4灯マスクも選択可能。 ボンネットや ブリスターフェンダーも含む、フロントガラスより前の部分をオリジナルで新設計! ランクル100とは思えないゴツゴツとしたデザインに! アルミホイールにはレトロ感が魅力のDEANカリフォルニアを組合わせることも可能。センターパートのメッキが超オシャレですね。 ▼ランクル60のレトロ顔好きは必見! Renoca 106の外装を画像でじっくり見るならフォトギャラリーをチェック!

細部までこだわった超オシャレなインテリア

ランクル100が誇るインテリアの高級感はそのままに保ち、外観の印象を反映させたシートカバーや内張りが超オシャレです。 シートカバー・内装には張り替えラインナップも。クラシカル調から爽やかなストライプなど、選択肢も豊富に揃えられています。 ランクル100は235馬力を発揮する4.7LガソリンV型8気筒が採用されています。このエンジンはトヨタ セルシオにも搭載された2UZ-FE型なので静粛性も高いんですよ! そしてセンターデフ付フルタイム4WD、悪路走破性と最上の乗り心地を高い次元で融合させたサスペンションを搭載。 2007年に販売終了したモデルとはいえ、安全性能や快適性能も高く、SRSエアバッグにカーテンエアバッグ、横滑り防止装置、クルーズコントロール、電動シートにシートヒーターなどが装備されています。 13年以上経過した現在でも十分な性能を持っています。見た目はレトロだけど中身は新しい“ネオクラシック”なクルマというわけですね。ボディカラーや内装カラーも豊富で、見るだけでも楽しいはずなので、フォトギャラリーも是非チェックしてみてくださいね! ▼「Renoca 106」の内外装や豊富なカラバリはフォトギャラリーをチェック!

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA