Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巣ごもりでもノープロブレム: ポッドキャスト の広告売上、引き続き増加中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

通勤の流れが遮断され、誰もが四六時中、Zoomでビデオ会議を行うようになっている。リスナーたちが番組を自身の日課に組み入れる新たな方法を求めるなか、ポッドキャストの消費もわずかながら打撃を受けている。 アナリティクス企業のチャータブル(Chartable)が3月に発表した調査結果によれば、ポッドキャストの3月25日のダウンロード件数は、2月26日のそれよりも10%減少していたという。 ただし、この数字は鵜呑みにしないほうがいいだろう。チャータブルは、ポッドトラック(Podtrac)をはじめとするポッドキャスティングアナリティクスサービスと同様に、オプトインのアナリティクスサービスだ。エンターコム(Entercom)やボックス・メディア(Vox Media)など、さまざまなポッドキャストネットワークは3月、聴取率の増加を報告している。

ビッグネームに需要あり

ポッドキャストのシンプルさと、それが持つオンデマンド体質が意味するのは、差し当たり、ポッドキャストの広告売上は増加し続けるということだ。ダイレクトレスポンスの広告主が出稿を休止・中止する一方で、多くのブランド広告主は自社のメッセージングに変更を加え、支出を続けることに不満の意を示していない。 このレジリエンス(弾性)が配信者にもたらす恩恵には、個々にばらつきが生じるだろう。ポッドキャストがデジタルメディアフォーマットとして洗練さを高め続けていることは確かだが、いまなお古き良き「スターパワー」がその広告費の行き先を決定づけている。 「私が関わっているほかのメディアでは、クライアントはターゲティングの強化を求めるようになっているようだ」と、エンターコムでデジタル広告売上部門のエグゼクティブバイスプレジデントを務めるケン・ラガナ氏は語る。 エンターコムの発表では、3月、同社のポッドキャストのリスナー数は2800万人に達したという。「ただし、ポッドキャストについていえば、我々に求められているのはビッグネーム、ビッグブランドだ」。

【関連記事】